mozilla
Your Search Results

    String.prototype.lastIndexOf()

    非推奨
    This feature has been removed from the Web standards. Though some browsers may still support it, it is in the process of being dropped. Do not use it in old or new projects. Pages or Web apps using it may break at any time.

    概要

    呼び出す String オブジェクト中で、指定された値が最後に現れるインデックスを返します。値が見つけられない場合、-1 を返します。呼び出す文字列は、fromIndex から検索を始め、逆方向に検索されます。

    構文

    str.lastIndexOf(searchValue[, fromIndex])

    引数

    searchValue
    検索する値を表す文字列。
    fromIndex
    呼び出す文字列内の検索を始めるための位置(左から右)。0 とその文字列の長さの間にある整数を指定できます。デフォルトの値は 0 です。

    説明

    文字列における文字は左から右にインデックス化されます。一番最初の文字のインデックスは 0 で、一番最後の文字のインデックスは stringName.length - 1 です。

    "canal".lastIndexOf("a")   // 3 を返します
    "canal".lastIndexOf("a",2) // 1 を返します
    "canal".lastIndexOf("a",0) // -1 を返します
    "canal".lastIndexOf("x")   // -1 を返します
    

    lastIndexOf メソッドは 大文字と小文字を区別します。例えば、以下の表現は -1 を返します。:

    "Blue Whale, Killer Whale".lastIndexOf("blue") 
    

    例: indexOflastIndexOf の使用

    以下の例は、 "Brave new world" という文字列において、与えられた値の位置を求めるために、indexOflastIndexOf を使用しています。

    var anyString="Brave new world"
    
    // 8 を表示します
    document.write("<P>The index of the first w from the beginning is " +
       anyString.indexOf("w"))
    // 10 を表示します
    document.write("<P>The index of the first w from the end is " +
       anyString.lastIndexOf("w"))
    // 6 を表示します
    document.write("<P>The index of 'new' from the beginning is " +
       anyString.indexOf("new"))
    // 6 を表示します
    document.write("<P>The index of 'new' from the end is " +
       anyString.lastIndexOf("new"))
    

    参照

    charAt, indexOf, split

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, Mgjbot
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す