String.prototype.lastIndexOf()

概要

呼び出す String オブジェクト中で、指定された値が最後に現れるインデックスを返します。値が見つけられない場合、-1 を返します。呼び出す文字列は、fromIndex から検索を始め、逆方向に検索されます。

構文

str.lastIndexOf(searchValue[, fromIndex])

引数

searchValue
検索する値を表す文字列。
fromIndex
呼び出す文字列内の検索を始めるための位置(左から右)。0 とその文字列の長さの間にある整数を指定できます。デフォルトの値は str.length です。

説明

文字列における文字は左から右にインデックス化されます。一番最初の文字のインデックスは 0 で、一番最後の文字のインデックスは stringName.length - 1 です。

"canal".lastIndexOf("a")   // 3 を返します
"canal".lastIndexOf("a",2) // 1 を返します
"canal".lastIndexOf("a",0) // -1 を返します
"canal".lastIndexOf("x")   // -1 を返します

lastIndexOf メソッドは 大文字と小文字を区別します。例えば、以下の表現は -1 を返します。:

"Blue Whale, Killer Whale".lastIndexOf("blue") 

例: indexOflastIndexOf の使用

以下の例は、 "Brave new world" という文字列において、与えられた値の位置を求めるために、indexOflastIndexOf を使用しています。

var anyString="Brave new world"

// 8 を表示します
document.write("<P>The index of the first w from the beginning is " +
   anyString.indexOf("w"))
// 10 を表示します
document.write("<P>The index of the first w from the end is " +
   anyString.lastIndexOf("w"))
// 6 を表示します
document.write("<P>The index of 'new' from the beginning is " +
   anyString.indexOf("new"))
// 6 を表示します
document.write("<P>The index of 'new' from the end is " +
   anyString.lastIndexOf("new"))

参照

charAt, indexOf, split

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: xl1, teoli, ethertank, Potappo, Mgjbot
最終更新者: xl1,
サイドバーを隠す