mozilla
Your Search Results

    throw

     

    概要

    ユーザー定義の例外を投げます。

    実装されたバージョン: JavaScript 1.4
    ECMA バージョン: ECMA-262, Edition 3

    構文

    throw expression ;

    パラメータ

    expression
    投げる式。

    説明

    例外を投げるためには throw 文を使ってください。例外を投げるときは、expression で例外の値を指定します。次のそれぞれが例外を投げます:

    • throw "Error2"; // 文字列値である例外を生成します
    • throw 42; // 値 42 である例外を生成します
    • throw true; // 値 true である例外を生成します

    例: オブジェクトを投げる

    例外を投げるときにオブジェクトを指定することができます。そうすれば、catch ブロックの中でそのオブジェクトのプロパティを参照できます。次の例は、UserException 型のオブジェクト myUserException を生成し、それを throw 文の中で使っています。

    function UserException(message) {
       this.message = message;
       this.name = "UserException";
    }
    function getMonthName(mo) {
       mo = mo-1; // 配列の添え字のために月の数を調整する (1=Jan, 12=Dec)
       var months = new Array("Jan", "Feb", "Mar", "Apr", "May", "Jun", "Jul",
          "Aug", "Sep", "Oct", "Nov", "Dec");
       if (months[mo] != null) {
          return months[mo];
       } else {
          myUserException = new UserException("InvalidMonthNo");
          throw myUserException;
       }
    }
    
    try {
       // 試みる文
       monthName = getMonthName(myMonth);
    } catch (e) {
       monthName = "unknown";
       logMyErrors(e.message, e.name); // エラーハンドラに例外オブジェクトを渡す
    }
    

    例: オブジェクトを投げるもうひとつの例

    次の例では入力文字列で U.S. zip コードのテストをします。もし zip コードが無効な書式を使っていたなら、throw 文は ZipCodeFormatException 型のオブジェクトを生成して例外を投げます。

    /*
     * ZipCode オブジェクトを生成します。
     *
     * zip コードとして受け入れられる書式は次のとおりです:
     *    12345
     *    12345-6789
     *    123456789
     *    12345 6789
     *
     * もし ZipCode コンストラクタに渡された引数が、これらのパターンの
     * うちひとつにも確かめられないのなら、例外が投げられます。
     */
    
    function ZipCode(zip) {
       zip = new String(zip);
       pattern = /[0-9]{5}([- ]?[0-9]{4})?/;
       if (pattern.test(zip)) {
          // zip コードの値は文字列中の最初の一致部分です
          this.value = zip.match(pattern)[0];
          this.valueOf = function() {
             return this.value
          };
          this.toString = function() {
             return String(this.value)
          };
       } else {
          throw new ZipCodeFormatException(zip);
       }
    }
    
    function ZipCodeFormatException(value) {
       this.value = value;
       this.message = "does not conform to the expected format for a zip code";
       this.toString = function() {
          return this.value + this.message
       };
    }
    
    /*
     * これは、US の住所のためのアドレスデータを検証するスクリプトで
     * 使われるかもしれません。
     */
    
    var ZIPCODE_INVALID = -1;
    var ZIPCODE_UNKNOWN_ERROR = -2;
    
    function verifyZipCode(z) {
       try {
          z = new ZipCode(z);
       } catch (e) {
          if (e instanceof ZipCodeFormatException) {
             return ZIPCODE_INVALID;
          } else {
             return ZIPCODE_UNKNOWN_ERROR;
          }
       }
       return z;
    }
    
    a = verifyZipCode(95060);         // 95060 を返します
    b = verifyZipCode(9560;)          // -1 を返します
    c = verifyZipCode("a");           // -1 を返します
    d = verifyZipCode("95060");       // 95060 を返します
    e = verifyZipCode("95060 1234");  // 95060 1234 を返します
    

    例: 例外を再度投げる

    例外を捕捉した後、その例外を再度投げるために throw を使うことができます。次の例では、数値である例外を捕捉し、もしその値が 50 を超えるのなら、それを再度投げます。再度投げられた例外は、利用者がわかるように、囲んでいる関数またはトップレベルにいたるまで伝播します。

    try {
       throw n; // 数値である例外を投げる
    } catch (e) {
       if (e <= 50) {
          // 1 から 50 の例外を操作するための文
       } else {
          // この例外を操作できないので、再度投げる
          throw e;
       }
    }
    

    参照

    try...catch

     

     

     

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Nanto vi, ethertank, teoli, Mgjbot
    最終更新者: teoli,