throw

throwは、ユーザー定義の例外を発生させます。現在の関数の実行は停止し (throw の後の文は実行されません)、コールスタック内の最初の catch ブロックに制御を移します。呼び出し元の関数に catch ブロックが存在しない場合は、プログラムが終了します。

構文

throw expression; 
expression
発生させる例外の式です。

解説

throw 文を使用して例外を発生させることができます。例外を発生させるときは、 expression で例外の値を指定します。以下のいずれもが例外を発生させます。

throw 'Error2'; // 文字列値である例外を生成します
throw 42;       // 値 42 である例外を生成します
throw true;     // 値 true である例外を生成します
throw new Error('Required');  // Required というメッセージを持ったエラーオブジェクトを生成します

また、 throw 文は throw キーワードと式の間に改行が許されていないため、自動セミコロン挿入 (ASI) の影響を受けます。

オブジェクトで例外を発生させる

例外を派生させるときにオブジェクトを指定することができます。そうすれば、 catch ブロックの中でそのオブジェクトのプロパティを参照できます。次の例は、 UserException 型のオブジェクトを生成し、それを throw 文の中で使っています。

function UserException(message) {
   this.message = message;
   this.name = 'UserException';
}
function getMonthName(mo) {
   mo = mo-1; // 配列の添字のために月の数を調整する (1 = Jan, 12 = Dec)
   var months = ['Jan', 'Feb', 'Mar', 'Apr', 'May', 'Jun', 'Jul',
      'Aug', 'Sep', 'Oct', 'Nov', 'Dec'];
   if (months[mo] !== undefined) {
      return months[mo];
   } else {
      throw new UserException('InvalidMonthNo');
   }
}

try {
   // 試みる文
   var myMonth = 15; // 15 は範囲外であり、例外が発生する
   var monthName = getMonthName(myMonth);
} catch (e) {
   monthName = 'unknown';
   console.error(e.message, e.name); // エラーハンドラーに例外オブジェクトを渡す
}

オブジェクトで例外を発生させる他の例

次の例では入力文字列でアメリカの郵便番号であるかどうかをテストします。郵便番号が無効な書式を使っていた場合は、 throw 文で ZipCodeFormatException 型のオブジェクトを生成して例外を発生させます。

/*
 * ZipCode オブジェクトを生成します。
 *
 * 郵便番号として受け入れられる書式は次のとおりです。
 *    12345
 *    12345-6789
 *    123456789
 *    12345 6789
 *
 * もし ZipCode コンストラクターに渡された引数が、これらのパターンの
 * うちのどれにも一致しないのであれば、例外が発生します。
 */

function ZipCode(zip) {
   zip = new String(zip);
   pattern = /[0-9]{5}([- ]?[0-9]{4})?/;
   if (pattern.test(zip)) {
      // 郵便番号の値は文字列中で最初に一致した部分です。
      this.value = zip.match(pattern)[0];
      this.valueOf = function() {
         return this.value
      };
      this.toString = function() {
         return String(this.value)
      };
   } else {
      throw new ZipCodeFormatException(zip);
   }
}

function ZipCodeFormatException(value) {
   this.value = value;
   this.message = 'does not conform to the expected format for a zip code';
   this.toString = function() {
      return this.value + this.message;
   };
}

/*
 * これは、US の住所のためのアドレスデータを検証するスクリプトで
 * 使われるかもしれません。
 */

const ZIPCODE_INVALID = -1;
const ZIPCODE_UNKNOWN_ERROR = -2;

function verifyZipCode(z) {
   try {
      z = new ZipCode(z);
   } catch (e) {
      if (e instanceof ZipCodeFormatException) {
         return ZIPCODE_INVALID;
      } else {
         return ZIPCODE_UNKNOWN_ERROR;
      }
   }
   return z;
}

a = verifyZipCode(95060);         // 95060 を返します
b = verifyZipCode(9560);          // -1 を返します
c = verifyZipCode('a');           // -1 を返します
d = verifyZipCode('95060');       // 95060 を返します
e = verifyZipCode('95060 1234');  // 95060 1234 を返します

例外を再発生させる

例外を捕捉した後、その例外を再度発生させるために throw を使うことができます。次の例では、数値である例外を捕捉し、もしその値が 50 を超えるのなら、それを再度発生させます。再度発生した例外は、利用者がわかるように、囲んでいる関数または最上位にいたるまで伝播します。

try {
   throw n; // 数値である例外を発生させる
} catch (e) {
   if (e <= 50) {
      // 1 から 50 の例外を操作するための文
   } else {
      // この例外を操作できないので、再度発生させる
      throw e;
   }
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
throw statement の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
throwChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 5Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報