Math.log10()

このロケールの翻訳が存在しないため、英語バージョンのコンテンツを表示しています。 Help us translate this article!

Math.log10() 関数は、引数として与えた数に対して、10 を底とする対数を返します。すなわち、

x>0,Math.log10(x)=log10(x)=the uniqueysuch that10y=x\forall x > 0, \mathtt{\operatorname{Math.log10}(x)} = \log_10(x) = \text{the unique} \; y \; \text{such that} \; 10^y = x

構文

Math.log10(x)

引数

x
数値

説明

x の値が 負の場合、返り値は常に NaN です。

log10()Math オブジェクトの静的メソッドのため、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.log10() として使用してください (Math オブジェクトにはコンストラクタがありません)。

Math.log10() を使用する

Math.log10(2);      // 0.3010299956639812
Math.log10(1);      // 0
Math.log10(0);      // -Infinity
Math.log10(-2);     // NaN
Math.log10(100000); // 5

Polyfill

次の関数でエミュレートできます:

Math.log10 = Math.log10 || function(x) {
  return Math.log(x) / Math.LN10;
};

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Math.log10 の定義
標準 初回定義

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!
機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 38 25 (25) 未サポート 25 7.1
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 25.0 (25) 未サポート 未サポート 8

関連情報