mozilla

String.prototype.trim()

概要

文字列の両端の空白を削除します。

構文

str.trim()

説明

trim メソッドは両端の空白を取り除いた文字列を返します。trim はその文字列自身の値には影響を与えません(非破壊メソッド)

例: trim の使用

以下の例は小文字の文字列 "foo" を表示します:

var str = "   foo  ";

alert( str.trim() );

互換性

ネイティブで使用できない場合、他のコードの前に次のコードを実行することにより String.trim が使用可能になります。

if(!String.prototype.trim) {
  String.prototype.trim = function () {
    return this.replace(/^\s+|\s+$/g,'');
  };
}

訳者注: 上記コードの正規表現文字列中にある「\s」は空白文字にマッチするメタ文字です。しかし Internet Explorer のいくつかのバージョンは、EcmaScript で trim の削除対象として定義されている空白文字のひとつである「\u00A0」にマッチしません。また、Google Chrome のいくつかのバージョンは、現在仕様で削除対象とされていない全角空白(\u3000)を削除対象としています。よって上記コードは、全てのブラウザでの trim の動作を完全に一致させるものものではありません。

ブラウザ実装状況

Kangax's compat tables に基づく。

機能 Firefox (Gecko) Chrome Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) 9 10.5 5
機能 Firefox Mobile (Gecko) Android IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, Yuki Konno
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す