Math.acos

概要

引数として与えた数のアークコサインをラジアン単位で返します。

Math のメソッド
実装されたバージョン JavaScript 1.0, NES 2.0
ECMA エディション ECMA-262

構文

Math.acos(x) 

引数

x
数値(数字)

詳細

acos メソッドは、-1 から 1 までの x に対して、0 から PI までのラジアンの数値を返します。number の値が、この範囲を越えている場合、このメソッドは、NaN を返します。

acosMath オブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.acos() として使用するようにしてください。

例:Math.acos の使用

以下の関数は、変数 x のアークコサインを返します。

function getAcos(x) {
   return Math.acos(x)
}

getAcos に -1 を渡した場合、3.141592653589793 を返します。しかし、2 を渡した場合は、NaN を返します。なぜなら 2 は、範囲外の値だからです。

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Potappo, ethertank
最終更新者: ethertank,