Math.acos()

Math.acos() 関数は引数として与えた数値のアークコサインをラジアン単位で返します。

x[-1;1],Math.acos(x)=arccos(x)= the unique y[0;π]such thatcos(y)=x\forall x \in [{-1};1],\;\mathtt{\operatorname{Math.acos}(x)} = \arccos(x) = \text{ the unique } \; y \in [0; \pi] \, \text{such that} \; \cos(y) = x

構文

Math.acos(x) 

引数

x
数値です。

戻り値

与えられた数値が -11 の間の場合はそのアークコサインのラジアン単位の値を、そうでない場合は NaN を返します。

詳細

Math.acos() メソッドは、-1 から 1 までの x に対して、0 から PI までのラジアンの数値を返します。x の値がこの範囲を越えている場合、このメソッドは NaN を返します。

acos()Math オブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.acos() として使用するようにしてください(Math はコンストラクタではありません)。

Math.acos() を使う

Math.acos(-2);  // NaN
Math.acos(-1);  // 3.141592653589793
Math.acos(0);   // 1.5707963267948966
Math.acos(0.5); // 1.0471975511965979
Math.acos(1);   // 0
Math.acos(2);   // NaN

-1 未満、または 1 より大きい値の場合、 Math.acos()NaN を返します。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初回定義です。JavaScript 1.0 で実装されました。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Math.acos の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Math.acos の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Math.acos の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
acosChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報