encodeURIComponent()

encodeURIComponent() 関数は、 URI (Uniform Resource Identifier) 構成要素を特定の文字を UTF-8 文字エンコーディングで表された 1 個から 4 個のエスケープシーケンスに置き換えることでエンコードします (サロゲートペアで構成される文字のみ 4 個のエスケープシーケンスになります)。

構文

encodeURIComponent(str);

引数

str
URI の構成要素となる文字列です。

返値

与えられた文字列を表す URI 構成要素としてエンコードされた新しい文字列です。

返値

encodeURIComponent下記を除くすべての文字をエスケープします。

エスケープされないもの:

    A-Z a-z 0-9 - _ . ! ~ * ' ( )

encodeURIComponent()encodeURI の違いは以下の通りです。

var set1 = ";,/?:@&=+$";  // Reserved Characters
var set2 = "-_.!~*'()";   // Unescaped Characters
var set3 = "#";           // Number Sign
var set4 = "ABC abc 123"; // Alphanumeric Characters + Space

console.log(encodeURI(set1)); // ;,/?:@&=+$
console.log(encodeURI(set2)); // -_.!~*'()
console.log(encodeURI(set3)); // #
console.log(encodeURI(set4)); // ABC%20abc%20123 (the space gets encoded as %20)

console.log(encodeURIComponent(set1)); // %3B%2C%2F%3F%3A%40%26%3D%2B%24
console.log(encodeURIComponent(set2)); // -_.!~*'()
console.log(encodeURIComponent(set3)); // %23
console.log(encodeURIComponent(set4)); // ABC%20abc%20123 (the space gets encoded as %20)

上位・下位のペアでないサロゲート文字をエンコードしようとした場合 URIError が発生します。

// 上位・下位の正しいペア
console.log(encodeURIComponent('\uD800\uDFFF'));

// 上位のみであり "URIError: malformed URI sequence" が発生
console.log(encodeURIComponent('\uD800'));

// 下位のみであり "URIError: malformed URI sequence" が発生
console.log(encodeURIComponent('\uDFFF'));

フォームからサーバーに POST されるユーザー入力値には encodeURIComponent を使用してください。これは、特殊な HTML エンティティやエンコード/デコードを必要とする他の文字のデータ入力中に誤って生成される可能性がある & 記号をエンコードします。

例えば、ユーザーが Jack & Jill と入力した場合、テキストは Jack & Jill とエンコードされる可能性があります。encodeURIComponent() を使用しない場合は "&" が新しいフィールドの始まりとしてサーバー上で解釈され、データの完全性が損なわれる可能性があります。

application/x-www-form-urlencoded では、スペースは + に置換されます。そのため、encodeURIComponent() による置換に加えて %20+ に置き換えることが望まれるかもしれません。

( ! ' ( ) * が予約語になっている) RFC 3986 仕様を忠実に順守するには、これらの URI 区切り文字としての役目が失われてしまうものの、以下の例が問題なく使用できます。

function fixedEncodeURIComponent(str) {
  return encodeURIComponent(str).replace(/[!'()*]/g, function(c) {
    return '%' + c.charCodeAt(0).toString(16);
  });
}

次の例は、サーバーレスポンスヘッダー引数の Content-DispositionLink で (UTF-8 からなるファイル名などに) 必要となる特別な UTF-8 エンコーディングを提供します。

var fileName = 'my file(2).txt';
var header = "Content-Disposition: attachment; filename*=UTF-8''"
             + encodeRFC5987ValueChars(fileName);

console.log(header);
// logs "Content-Disposition: attachment; filename*=UTF-8''my%20file%282%29.txt"


function encodeRFC5987ValueChars(str) {
    return encodeURIComponent(str).
        // Note that although RFC3986 reserves "!", RFC5987 does not,
        // so we do not need to escape it
        replace(/['()]/g, escape). // i.e., %27 %28 %29
        replace(/\*/g, '%2A').
            // The following are not required for percent-encoding per RFC5987,
            // so we can allow for a little better readability over the wire: |`^
            replace(/%(?:7C|60|5E)/g, unescape);
}

// here is an alternative to the above function
function encodeRFC5987ValueChars2(str) {
  return encodeURIComponent(str).
    // Note that although RFC3986 reserves "!", RFC5987 does not,
    // so we do not need to escape it
    replace(/['()*]/g, c => "%" + c.charCodeAt(0).toString(16)). // i.e., %27 %28 %29 %2a (Note that valid encoding of "*" is %2A
                                                                 // which necessitates calling toUpperCase() to properly encode)
    // The following are not required for percent-encoding per RFC5987,
    // so we can allow for a little better readability over the wire: |`^
    replace(/%(7C|60|5E)/g, (str, hex) => String.fromCharCode(parseInt(hex, 16)));
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
encodeURIComponent の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報