yield*

yield*は別の ジェネレーター や反復可能なオブジェクトに委任するために使用されます。

構文

 yield* expression;
expression
反復可能なオブジェクトを返す式。

解説

yield* 式はオペランドを反復し、それによって返されたそれぞれの値をもたらします。

yield* 式自体の値は、イテレーターが閉じたとき (つまり donetrue のとき) に返される値です。

別のジェネレータに委任する

次のコードでは、 g1() によってもたらされる値は、 g2() で得られているものと同じように next() の呼び出しから返されます。

function* g1() {
  yield 2;
  yield 3;
  yield 4;
}

function* g2() {
  yield 1;
  yield* g1();
  yield 5;
}

const iterator = g2();

console.log(iterator.next()); // {value: 1, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 2, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 3, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 4, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 5, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: undefined, done: true}

他の反復可能なオブジェクト

ジェネレータオブジェクトのほかに、 yield* は他の種類の反復 (例えば、配列、文字列、 arguments オブジェクト) を yield することができます。

function* g3() {
  yield* [1, 2];
  yield* '34';
  yield* Array.from(arguments);
}

const iterator = g3(5, 6);

console.log(iterator.next()); // {value: 1, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 2, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: "3", done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: "4", done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 5, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 6, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: undefined, done: true}

yield* 式自体の値

yield* は式であり、文ではありません。そのため、値に評価されます。

function* g4() {
  yield* [1, 2, 3];
  return 'foo';
}

function* g5() {
  const g4ReturnValue = yield* g4();
  console.log(g4ReturnValue) // 'foo'
  return g4ReturnValue;
}

const iterator = g5();

console.log(iterator.next()); // {value: 1, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 2, done: false}
console.log(iterator.next()); // {value: 3, done: false} done is false because g5 generator isn't finished, only g4
console.log(iterator.next()); // {value: 'foo', done: true}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Yield の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報