Number.NEGATIVE_INFINITY

by 3 contributors:

概要

負の無限大を表す値。

詳細

Number.NEGATIVE_INFINITY の値は、グローバルオブジェクトの Infinity プロパティの負の値と同じ値です。

この値は数学的な無限大とは少々異なった振る舞いをします。:

  • POSITIVE_INFINITY も含む、任意の正の値と NEGATIVE_INFINITY の積は NEGATIVE_INFINITY になります。
  • NEGATIVE_INFINITY も含む、任意の負の値と NEGATIVE_INFINITY の積は POSITIVE_INFINITY になります。
  • 零 と NEGATIVE_INFINITY の積 は NaN になります。
  • NaN と NEGATIVE_INFINITY の積は NaN になります。
  • NEGATIVE_INFINITY を NEGATIVE_INFINITY を除く、任意の負の値で割った商は POSITIVE_INFINITY になります。
  • NEGATIVE_INFINITY を POSITIVE_INFINITY を除く、任意の正の値で割った商は NEGATIVE_INFINITY になります。
  • NEGATIVE_INFINITY を NEGATIVE_INFINITY または POSITIVE_INFINITY のいずれかで割った商は NaN になります。
  • 任意の数を NEGATIVE_INFINITY で割った商は、零になります。

いくつかの JavaScript メソッド(Number コンストラクタ、 parseFloatparseInt など)は、引数で指定された値が Number.MIN_VALUE よりも著しく低い場合、NaN を返します。

成功した場合に有限数を返す関数がエラーである状態を示すために、Number.NEGATIVE_INFINITY プロパティを使いたいかもしれません。しかし、そのような場合、isFinite の方がより適しているだろうことに留意してください。

以下の例では、変数 smallNumber には 最小値よりも小さな値が代入されています。if ステートメントが実行されたとき、smallNumber は "-Infinity" の値を持ちます。ですから、smallNumber には、処理が継続する前に、より扱いやすい値がセットされます。

var smallNumber = (-Number.MAX_VALUE) * 2
if (smallNumber == Number.NEGATIVE_INFINITY) {
 smallNumber = returnFinite();
}

参照

Infinity, POSITIVE_INFINITY, isFinite

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: teoli, ethertank, Potappo
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す