MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/a3e7b5301fea

Math.tanh()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

これは Harmony(ECMAScript 6) 提案の一部であり、実験段階の技術です。
この技術の仕様は安定していません。ブラウザ互換性の一覧表を確認してください。またこれらの構文や動作は、仕様変更などにより、新しいバージョンのブラウザでは変更される可能性があるという点に注意してください。

概要

引数として与えた数のハイパーボリックタンジェントを返します。すなわち

tanhx=sinhxcoshx=ex-e-xex+e-x=e2x-1e2x+1\tanh x = \frac{\sinh x}{\cosh x} = \frac {e^x - e^{-x}} {e^x + e^{-x}} = \frac{e^{2x} - 1}{e^{2x}+1}

構文

Math.tanh(x)

引数

x
数値

説明

tanh()Mathオブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成したMathオブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.tanh()として使用するようにしてください(Mathオブジェクトにはコンストラクタはありません)。

例: Math.tanh()を使う

Math.tanh(0);        // 0
Math.tanh(Infinity); // 1
Math.tanh(1);        // 0.7615941559557649

ポリフィル

Math.exp()関数の助けを借りて、エミュレートできます。:

Math.tanh = Math.tanh || function(x) {
  if (x === Infinity) {
    return 1;
  } else if (x === -Infinity) {
    return -1;
  } else {
    return (Math.exp(x) - Math.exp(-x)) / (Math.exp(x) + Math.exp(-x));
  }
}

または Math.exp()の呼び出しを1回だけ使用します。:

Math.tanh = Math.tanh || function(x) {
  if (x === Infinity) {
    return 1;
  } else if (x === -Infinity) {
    return -1;
  } else {
    var y = Math.exp(2 * x);
    return (y - 1) / (y + 1);
  }
}

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
The definition of 'Math.tanh' in that specification.
Standard Initial definition.

Browser compatibility

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 38 25 (25) 未サポート 25 7.1
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 25.0 (25) 未サポート 未サポート iOS 8

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,