return

関数により返される値を指定します。

構文

return [[expression]]; 
expression
返す式。もし省略されたなら、undefined が代わりに返ります。

例: return を使う

次の関数は、x が数の場合、その引数 x の 2 乗を返します。

function square(x) {
   return x * x;
}

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: teoli, ethertank, Mgjbot, Nanto vi
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す