Apply your JS skills to key Mozilla projects as an MDN Fellow! http://mzl.la/MDNFellowship

mozilla
Your Search Results

    continue

     

    概要

    現在のループ、またはラベル付きループの現在反復中の文の実行を終了し、そのループの実行を、その次の反復を用いて継続します。

    実装されたバージョン: JavaScript 1.0, NES 2.0
    ECMA バージョン: ECMA-262 (ラベル付きでないバージョンに対して)

    ECMA-262, Edition 3 (ラベル付きのバージョンに対して)

    構文

    continue [ label ];

    パラメータ

    label
    その文のラベルに関連付けられた識別子。

    説明

    break 文とは対照的に、continue はループの実行を完全には終了しません。代わりに、

    • while ループの中では、条件へ戻ります。
    • for ループの中では、更新式へジャンプします。

    continue 文には、プログラムが現在のループの代わりにラベル付きループ文の次の反復へジャンプすることを可能にする、任意のラベルを含められます。この場合、continue 文は、このラベル付き文の中にネストされている必要があります。

    例: continuewhile とともに使う

    次の例は、i の値が 3 であるときに実行される continue 文を持つ while ループを表しています。よって、n は値 1、3、7、および 12 をとります。

    i = 0;
    n = 0;
    while (i < 5) {
       i++;
       if (i == 3)
          continue;
       n += i;
    }
    

    例: continue をラベルとともに使う

    次の例では、checkiandj とラベル付けされた文が、checkj とラベル付けされた文を含んでいます。もし continue と遭遇したなら、プログラムは checkj 文の先頭から継続します。continue と遭遇するたびに、checkj の条件が false を返すまで、checkj は再度反復します。false が返されたら、checkj 文の残りが完遂されます。

    もし continue がラベル checkiandj を持っていたなら、プログラムは checkiandj 文の先頭から継続したでしょう。

    checkiandj:
    while (i < 4) {
       document.write(i + "<br>");
       i += 1;
    
       checkj:
       while (j > 4) {
          document.write(j + "<br>");
          j -= 1;
          if ((j % 2) == 0)
             continue checkj;
          document.write(j + " is odd.<br>");
       }
       document.write("i = " + i + "<br>");
       document.write("j = " + j + "<br>");
    }
    

    参照

    break, label

     

     

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Nanto vi, ethertank, teoli, Mgjbot
    最終更新者: teoli,