この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

Math.random()関数は、0 以上 1 未満の範囲内で、疑似ランダムな浮動小数点を返します。また、範囲を指定することも可能です。Java と同様に、現在時刻をシードとして乱数を生成します。

構文

Math.random()

引数

無し

戻り値

0以上1未満の疑似ランダムな浮動小数点。

注記

Math は、コンストラクタではないので、常に Math.random() として、random を実行するようにしてください。決して Math のインスタンスを生成しないでください。これは、Java のような クラスベースの OO 言語 から類推して " 静的" なメソッドと呼ばれます。

例:Math.random の使用

JavaScript における数値は、IEEE 754 浮動小数点での最近接の偶数への丸め (round-to-nearest-even) の振る舞いをするので、以下の関数についての値域 (ただし Math.random() それ自身についての値域は除く) が厳密ではない、ということに注意してください。非常に大きい境界値(253 以上)を選ぶと、極めて稀なケースにおいては、通常なら除外される上限値を算出してしまうことがあり得ます。

// 0 以上 1 未満の乱数を返す関数
function getRandom() {
  return Math.random();
}


// min から max までの乱数を返す関数
function getRandomArbitary(min, max) {
  return Math.random() * (max - min) + min;
}


// min から max までの乱整数を返す関数
// Math.round() を用いると、非一様分布になります!
function getRandomInt(min, max) {
  return Math.floor( Math.random() * (max - min + 1) ) + min;
}

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Yayoi_Kirisawa, piyo-ko, teoli, ethertank, Potappo
 最終更新者: Yayoi_Kirisawa,