String.prototype.padEnd()

padEnd() メソッドは、結果の文字列が指定した長さになるように、現在の文字列を他の文字列で (必要に応じて繰り返して) 延長します。延長は、現在の文字列の末尾から適用されます。

構文

str.padEnd(targetLength [, padString])

引数

targetLength
現在の文字列の延長後に返される文字列の長さです。この値が現在の文字列の長さよりも短い場合、現在の文字列が返されます。
padString Optional
現在の文字列を延長するための文字列です。この文字列が targetLength に収まらないほど長い場合は、左書きの言語では最も左の部分が、右書きの言語では最も右の部分が使用され、残りは切り捨てられます。この引数の既定値は、 " " (U+0020 空白) です。

返値

String で、 targetLength で指定された長さにするために、 padString を現在の str の末尾に適用したものです。

padEnd の使用

'abc'.padEnd(10);          // "abc       "
'abc'.padEnd(10, "foo");   // "abcfoofoof"
'abc'.padEnd(6, "123456"); // "abc123"
'abc'.padEnd(1);           // "abc"

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
String.prototype.padEnd の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
padEndChrome 完全対応 57Edge 完全対応 15Firefox 完全対応 48IE 未対応 なしOpera 完全対応 44Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 57Chrome Android 完全対応 57Firefox Android 完全対応 48Opera Android 完全対応 43Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 7.0nodejs 完全対応 8.0.0
完全対応 8.0.0
完全対応 7.0.0
無効
無効 From version 7.0.0: this feature is behind the --harmony runtime flag.

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報