Math.sign()

これは Harmony(ECMAScript 6) 提案の一部であり、実験段階の技術です。
この技術の仕様は安定していません。ブラウザ互換性の一覧表を確認してください。またこれらの構文や動作は、仕様変更などにより、新しいバージョンのブラウザでは変更される可能性があるという点に注意してください。

概要

Math.sign() 関数は、引数として与えた数が正、負、0 のどれであるか示す符号を返します。

構文

Math.sign(x)

引数

x
数値

説明

sign()Math オブジェクトの静的なメソッドであるため、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.sign() として使用してください (Math オブジェクトにはコンストラクタがありません)。

この関数は 5 種類の返り値があります。1-10-0NaN。 それぞれ、"正"、"負"、"正 0"、"負 0"、NaN を表します。

この関数に渡された引数は暗黙のうちに x 型に変換されます。

Math.sign() を使う

Math.sign(3);     //  1
Math.sign(-3);    // -1
Math.sign('-3');  // -1
Math.sign(0);     //  0
Math.sign(-0);    // -0
Math.sign(NaN);   // NaN
Math.sign('foo'); // NaN
Math.sign();      // NaN

Polyfill

Math.sign = Math.sign || function(x) {
  x = +x; // convert to a number
  if (x === 0 || isNaN(x)) {
    return x;
  }
  return x > 0 ? 1 : -1;
}

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
The definition of 'Math.sign' in that specification.
Standard Initial definition.

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 38 25 (25) 未サポート 25 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 25.0 (25) 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: dskmori, shide55
 最終更新者: dskmori,