Math.round()

概要

引数として与えた数を四捨五入して、最も近似の整数を返します。

構文

Math.round(x)

引数

x
数値(数値に変換できる値)

説明

number の小数部分が、.5 以上(.5 を含む)の場合、その引数は、次に大きい整数に切り上げられます。 number の小数部分が、.5 未満(.5 を含まない)の場合、その引数は、次に小さい整数に切り下げられます。

roundMath オブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.round() として使用するようにしてください。

例: Math.round の使用

// 20 を返す
x = Math.round(20.49);

// 21 を返す
x = Math.round(20.5);

// -20 を返す
x = Math.round(-20.5);

// -21 を返す
x = Math.round(-20.51);

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: teoli, ethertank, Potappo, Kozawa
最終更新者: teoli,