不等価 (!=)

不等価演算子 (!=) は、2 つのオペランドが等しくないことを検査し、論理値で結果を返します。厳密不等価演算子とは異なり、異なる型のオペランドを変換して比較を行おうとします。

構文

x != y

解説

不等価演算子は、そのオペランドが等しくないことを検査します。これは等価演算子の逆に当たるので、以下の 2 行は常に同じ結果になります。

x != y

!(x == y)

比較アルゴリズムの詳細については、等価演算子のページを参照して下さい。

等価演算子と同様に、不等価演算子は異なる型のオペランドを変換して比較しようとします。

3 != "3"; // false

これを防止し、異なる型が異なる結果を返すようにするには、代わりに厳密不等価演算子を使用してください。

3 !== "3"; // true

型変換がない場合の比較

1 != 2;              // true
"hello" != "hola";   // true

1 != 1;              // false
"hello" != "hello";  // false

型変換がある場合の比較

"1" !=  1;            // false
1 != "1";             // false
0 != false;           // false
0 != null;            // true
0 != undefined;       // true
0 != !!null;          // false (論理 NOT 演算子を参照)
0 != !!undefined;     // false (論理 NOT 演算子を参照)
null != undefined;    // false

const number1 = new Number(3);
const number2 = new Number(3);
number1 != 3;         // false
number1 != number2;   // true

オブジェクトの比較

const object1 = {"key": "value"}
const object2 = {"key": "value"};

object1 != object2 // true
object2 != object2 // false

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification (ECMAScript)
# sec-equality-operators

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報