ビット否定 (~)

ビット否定演算子 (~) は、オペランドの各ビットを反転します。他のビット演算子と同様、オペランドを 32 ビット符号付き整数に変換します。

構文

~a

解説

オペランドは 32 ビットの整数値に変換され、ビット (ゼロまたは 1) の並びによって表現されます。32 ビットを超える数値は最上位のビットが破棄されます。例えば、次の 32 ビットを超える整数は 32 ビット整数に変換されます。

変換前: 11100110111110100000000000000110000000000001
変換後:             10100000000000000110000000000001

オペランドの各ビットが反転されて結果になります。

NOT 演算の真理値表は次のようになります。

a NOT a
0 1
1 0
 9 (10 進数) = 00000000000000000000000000001001 (2 進数)
               --------------------------------
~9 (10 進数) = 11111111111111111111111111110110 (2 進数) = -10 (10 進数)

32 ビット符号付き整数のオペランドは、2 の補数によって反転されます。すなわち、最上位ビットが負の数であることを表します。

ある数 x のビット否定 は -(x + 1) になります。例えば、~-54 になります。

数値に 32 ビット表現を使用するため ~-1 および ~4294967295 (2^32 - 1) はいずれも 0 になることに注意してください。

ビット否定の使用

~0;  // -1
~-1; // 0
~1;  // -2

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification (ECMAScript)
# sec-bitwise-not-operator

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報