try

see the talk page - this probably should just be "try"

概要

試みる文のブロックを印付け、例外が投げられるのなら、対処を指定します。

実装されたバージョン: JavaScript 1.4

JavaScript 1.5, NES 6.0: 複数の catch 節を追加 (Netscape 拡張)。

ECMA バージョン: ECMA-262, Edition 3

構文

try {
   try_statements
}
[catch (exception_var_1 if condition_1) {
   catch_statements_1
}]
...
[catch (exception_var_2) {
   catch_statements_2
}]
[finally {
   finally_statements
}]

Parameters

try_statements 
実行される文。
catch_statements_1, catch_statements_2 
例外が try ブロックの中で投げられたのなら実行される文。
exception_var_1, exception_var_2 
関連付けられた catch 節に対する例外オブジェクトを保持する識別子。
condition_1 
条件式。
finally_statements 
try 文が完了した後に実行される文。これらの文は、例外が投げられた、または捕捉されたかどうかに関係なく実行されます。

説明

try 文は、1 つ以上の文を含む try ブロック、および少なくとも 1 つの catch 節、または finally 節、もしくはその両方から成り立っています。すなわち、try 文には 3 つの形式があります:

  1. try...catch
  2. try...finally
  3. try...catch...finally

catch 節は、例外が try ブロックの中で投げられたのなら何をすべきか指定する文を含みます。すなわち、try ブロックは成功すべきで、それが成功しなかったのなら、制御は catch ブロックに渡るべきです。try ブロック内 (または try ブロック内から呼び出された関数の中) の任意の文が例外を投げたのなら、制御は即座に catch 節へ移ります。例外が try ブロックの中で投げられなかったのなら、catch 節は飛ばされます。

finally 節は、try ブロックおよび (1 つまたは複数の) catch 節が実行された後、なおかつ try 文の次の文の前に実行されます。これは、例外が投げられた、または捕捉されたかどうかに関係なく、常に実行されます。

1 つ以上の try 文をネストすることもできます。内側の try 文が catch 節を持たないのなら、囲んでいる try 文の catch 節に入ります。

Java の例外を操作するためにも try 文を使います。Java の例外に関する情報は Core JavaScript 1.5 ガイドを参照してください。

無条件 catch

単独の無条件 catch 節が使われたときは、任意の例外が投げられると catch 節に入ります。たとえば、次のコードの中で例外が生じたとき、制御は catch 節に移動します。

try {
   throw "myException"; // 例外を生成します
}
catch (e) {
   // 任意の例外を操作するための文
   logMyErrors(e); // エラーハンドラに例外オブジェクトを渡します
}

条件付き catch

特定の例外を操作するために、1 つ以上の条件付き catch 節を使うこともできます。この場合、特定の例外が投げられると、適切な catch 節に入ります。次の例では、try ブロックの中のコードは 3 つの例外: TypeErrorRangeError、および EvalError、を投げる可能性があります。例外が生じたとき、制御は適切な catch 節に移動します。例外が、指定された例外のどれでもなく、かつ無条件 catch 節が見つかったのなら、制御はその catch 節に移動します。

1 つ以上の条件付き catch 節とともに無条件 catch 節を使うのなら、無条件 catch 節は最後に指定されなくてはいけません。そうでなければ、無条件 catch 節が全種類の例外を、それらが条件付きのものに到達する前に、途中で捕捉します。

try {
   myroutine(); // 3 つの例外を投げる可能性があります
} catch (e if e instanceof TypeError) {
   // TypeError 例外を操作するための文
} catch (e if e instanceof RangeError) {
   // RangeError 例外を操作するための文
} catch (e if e instanceof EvalError) {
   // EvalError 例外を操作するための文
} catch (e) {
   // 任意の指定されていない例外を操作するための文
   logMyErrors(e); // エラーハンドラに例外オブジェクトを渡します
}

注: この機能は ECMAScript 仕様の一部ではありません。

例外識別子

例外が try ブロックの中で投げられたときは、exception_var (たとえば、catch (e) における e) が throw 文により指定された値を保持します。投げられた例外についての情報を得るために、この識別子を使うことができます。

この識別子は catch 節にローカルです。すなわち、これは catch 節に入ったときに作成され、catch 節が実行を終了した後では、この識別子はもはや利用できません。

finally

finally 節は、try ブロックおよび (1 つまたは複数の) catch 節が実行された後、なおかつ try 文の次の文の前に実行される文を含みます。finally 節は、例外が投げられたかどうかに関係なく実行されます。例外が投げられたのなら、たとえ例外を操作する catch 節がなかったとしても、finally 節の中の文は実行されます。

例外が生じたときに、スクリプトを潔く失敗させるために finally 節を使うことができます。たとえば、スクリプトが結び付けていたリソースを解放する必要があるかもしれません。次の例ではファイルを開き、そのファイルを使う文を実行します (サーバーサイド JavaScript ではファイルにアクセスできます)。ファイルが開かれている間に例外が投げられたのなら、スクリプトが失敗する前に finally 節はファイルを閉じます。

openMyFile()
try {
   // リソースを結び付けます
   writeMyFile(theData);
}
finally {
   closeMyFile(); // リソースを常に閉じます
}

throw の例を参照してください。

参照

throw



Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Nanto vi, ethertank, Mgjbot
最終更新者: ethertank,