mozilla

String.prototype.charCodeAt()

概要

与えられたインデックスに位置する文字の Unicode コードポイントを10進数値で返します。

構文

str.charCodeAt(index)

パラメータ

index
0 と文字列の長さの間の整数。指定されなかった場合のデフォルトは 0 です。

詳細

Unicode コードポイントの範囲は、0 から 1,114,111【訳注: 0x10FFFF】です。最初の 128 の Unicode コードポイントは、ASCII 文字エンコーディングに直接対応しています。Unicode についての情報は、Values, variables, and literals#Unicode を参照してください。charCodeAt は常に 65,536【訳注: 2 の16乗】より小さい値を返すであろうことに注意してください。.

与えられたインデックスが 0 と 文字列の長さの間にない場合、charCodeAtNaN を返します。

後方互換性

JavaScript 1.2

charCodeAt メソッドは 与えられたインデックスの文字の ISO-Latin-1 コードセットの値を示す数を返します。ISO-Latin-1 コードセットの範囲は 0 から 255 です。 最初の 0 から 127 までは ASCII 文字セットに直接対応しています。

例: charCodeAt の使用

以下の例は、A に対応する Unicode コードポイントの10進表記である、65 を返します。

"ABC".charCodeAt(0) // 65 を返します

参照

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, Mgjbot, siokoshou, clariroid
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す