Math.tan()

Math.tan() 関数は、数値のタンジェントを返します。

構文

Math.tan(x)

引数

x
数値です。

返値

与えられた数値のタンジェントです。

解説

Math.tan() メソッドは、ある角度のタンジェントを表す数値を返します。

tan()Math の静的メソッドであるため、生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.tan() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.tan() の使用

Math.tan(1); // 1.5574077246549023

Math.tan() 関数はラジアンを受け付けますが、角度で使用したほうが簡単な場合が多いので、次の関数は角度の値を受け付け、それをラジアンに変換してタンジェントを返します。

function getTanDeg(deg) {
  var rad = deg * Math.PI/180;
  return Math.tan(rad);
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.tan の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報