ジャンプ先:

コールバック関数は他の関数に引数として渡される関数で、外側の関数で何らかの処理やアクションを実行します。

簡単な例をいかに示します:

function greeting(name) {
  alert('Hello ' + name);
}

function processUserInput(callback) {
  var name = prompt('Please enter your name.');
  callback(name);
}

processUserInput(greeting);

上記の例はすぐに実行される 同期型 コールバックです。

注意として、コールバックは 非同期 命令が完了した後に続いてコードが実行されます — これを非同期コールバックといいます。例えば、 シンプルな maps-example.html の例 (ライブ版も見てください) では Google Maps API と Geolocation API を、端末の現在の位置を表示するのに使っています。

端末の GPS からの座標は非同期であるため (本当にデータがいつ返されるかはわかりません)、Geolocation.getCurrentPosition() メソッドは非同期コールバック関数をパラメーターとして受け取り、それは返される座標データをパラメーターとして受け取ります。この関数は座標データが返された時にだけ実行されます。

詳細情報

一般知識

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3
最終更新者: Uemmra3,