Callback function (コールバック関数)

コールバック関数は他の関数に引数として渡される関数で、外側の関数で何らかの処理やアクションを実行します。

簡単な例を以下に示します:

function greeting(name) {
  alert('Hello ' + name);
}

function processUserInput(callback) {
  var name = prompt('Please enter your name.');
  callback(name);
}

processUserInput(greeting);

上記の例はすぐに実行される 同期型 コールバックです。

注意として、コールバックは 非同期 命令が完了した後に続いてコードが実行されます — これを非同期コールバックといいます。コールバック関数の良い例は、Promise が成功か失敗した後にチェーンされる .then() ブロックの中で実行されるものです。この構造は fetch()のようなモダンな web API で良く使われています。

詳細情報

一般知識