ジャンプ先:

閲覧コンテキストは、ブラウザーDocument (今日では通常タブであり、場合によってはウィンドウまたはページ内のフレーム) を表示する環境です。

各閲覧コンテキストは、固有のオリジン、すなわちアクティブな文書の生成元と、すべての表示された文書を順番に記録した履歴を持っています。

閲覧コンテキスト間の通信は、厳しく制限されています。同じ生成元の閲覧コンテキストとの間で、 BroadcastChannel を開放して使用することができます。

理解を深める

技術リファレンス

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, Uemmra3, hamasaki, momdo
最終更新者: mfuji09,