ジャンプ先:

Representational State Transfer (REST) は、効率的で信頼性の高い拡張性に富んだ分散システムをもたらすソフトウェアアーキテクチャの設計の一連の制約を表します。これらの制約に従うと、システムは RESTful と呼ばれます。 ソフトウェアアーキテクチャのグループで、効率的な、信頼できる、拡張性のあるシステムをもたらす強制的なデザインを指します。

REST の基本的な考え方は、リソース、たとえば文書が、明確かつ標準化された操作と形式をもって、その状態と関係(ハイパーテキスト)とともに転送されるというものです。多くの場合、他の場所で何らかの操作をせずに API やサービスを呼び出すことができることが RESTful と呼ばれます。

World Wide Web (WWW) の背景となるプロトコルである HTTP も、文書やハイパーテキストリンクを転送し、また標準でもあるため、シンプルな HTTP API は、 REST の制約に厳密に則っていなくても、俗に RESTful API、 RESTful サービス、または単に REST サービスとも呼ばれることがあります。初心者は、 REST API が標準のウェブライブラリやツールを使用して呼び出すことができる HTTP サービスを意味すると想像している可能性があります。

関連項目

それについて学ぶ

一般的な知識

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, w-volte
最終更新者: mfuji09,