HTTP

HTTP (HyperText Transfer Protocol、ハイパーテキスト転送プロトコル) は、Web上のハイパーメディア文書の転送を可能にする、基盤となるネットワークプロトコルです。一般にブラウザーとサーバーの間で用いられ、人間が読むことができます。現行の HTTP仕様のバージョンは HTTP/2 と呼ばれています。

URIの一部として「http://」は「スキーマ」と呼ばれ、普通はアドレスの先頭に位置します。例えば「https://developer.mozilla.org」では、HTTP プロトコルを用いて文書をリクエストするようブラウザーに指示しています。ここでの https とは安全な HTTP プロトコル、SSL(TLS とも言います)のことです。 

HTTP はテクスチュアルであり(全ての通信はプレーンテキストで行われます)、ステートレスです(前の通信を気にせずに通信されます)。この特性は人間がワールドワイドウェブ上の文書(ウェブサイト)を読むのに理想的です。しかし HTTP は、サーバーからサーバーへのRESTウェブサービスや、ウェブサイトをより動的にするためにその内部で用いられるAJAXリクエストの基礎としても使用できます。

関連項目