HTTP (HyperText Transfer Protocol、ハイパーテキスト転送プロトコル) は、Web上のハイパーメディア文書の転送を可能にする、基盤となるネットワークプロトコルです。一般にブラウザーとサーバーの間で用いられ、人間が読むことができます。現行のHTTP仕様のバージョンは HTTP/2 と呼ばれています。

URIの一部として「http://」は「スキーマ」と呼ばれ、普通はアドレスの先頭に位置します。例えば「https://developer.mozilla.org」では、HTTPプロトコルを用いて文書をリクエストするようブラウザに指示しています。ここでのhttpsとは安全なHTTPプロトコル、SSL(TLSとも言います)のことです。 

HTTPはテクスチュアルであり(全ての通信はプレーンテキストで行われます)、ステートレスです(前の通信を気にせずに通信されます)。この特性は人間がワールドワイドウェブ上の文書(ウェブサイト)を読むのに理想的です。しかしHTTPは、サーバーからサーバーへのRESTウェブサービスや、ウェブサイトをより動的にするためにその内部で用いられるAJAXリクエストの基礎としても使用できます。

 

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: sutara79, Uemmra3, kubota-aoi
最終更新者: sutara79,