ウェブコンテンツのオリジン (Origin) は、ウェブコンテンツにアクセスするために使われる URLスキーム (プロトコル)、 ホスト (ドメイン)、 ポート によって定義されます。スキーム、ホスト、ポートがすべて一致した場合のみ、二つのオブジェクトは同じオリジンであると言えます。

操作によっては同じオリジンのコンテンツに限定されており、この制約は CORS を使用して緩和することができます。

同一オリジンの例

http://example.com/app1/index.html
http://example.com/app2/index.html
スキーム (http) 及びホスト (example.com) が同じなので同一オリジン
http://Example.com:80
http://example.com
サーバーは既定で80番ポートで HTTP コンテンツを配信するため、同一オリジン

異なるオリジンの例

http://example.com/app1
https://example.com/app2
スキームが異なる
http://example.com
http://www.example.com
http://myapp.example.com
ホストが異なる
http://example.com
http://example.com:8080
ポートが異なる

詳細

詳しくは同一オリジンポリシーをご覧ください。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,