XML

eXtensible Markup Language (XML) は W3C によって規定された汎用マークアップ言語です。情報技術 (IT) 産業ではデータ記述言語として多くの XML を基にした言語を使用しています。

XML タグは HTML タグに似ていますが、XML はユーザーが独自のタグを定義することができるため、はるかに柔軟です。このようにして XML はメタ言語のように振る舞う――すなわち RSS のような他の言語を定義することができるのです。それに加えて、HTML はプレゼンテーション言語であるのに対し、XML はデータ記述言語です。つまり、XML には Web だけにとどまらないとても広い応用範囲があるということを意味します。例として、Web サービスは XML をリクエストとレスポンスの交換に使用することができます。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: kadopoly
 最終更新者: kadopoly,