Graceful degradation (グレースフルデグラデーション)

ジャンプ先:

グレースフルデグラデーション(優しい劣化)は、最新のブラウザーで動作する最新のウェブサイト/アプリケーションを構築することを中心とした設計哲学ですが、古いブラウザーでは、それほど良いものではないが不可欠なコンテンツや機能を引き続き提供するものです。

ポリフィルを使用して JavaScript で不足している機能を構築することは可能ですが、CSS カスケードや HTML の代替の振る舞いなど、可能な限りスタイリングやレイアウトなどの機能の代替案を用意する必要があります。 いくつかの良い例は、一般的な HTML と CSS の問題の扱いで見つけることができます。

これは、ウェブ開発者が複数の未知のユーザーエージェントによってアクセスされているウェブサイトの問題のバランスを取って、最良のウェブサイトの開発に集中できるようにする便利なテクニックです。 プログレッシブエンハンスメントは関連していますが、プログレッシブエンハンスメントとは逆の方向に進むことが多いと見られます。 実際には、両方のアプローチが有効であり、互いに補完することができます。

より詳しく知る

一般知識

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Wind1808
最終更新者: Wind1808,