CDN (Content Delivery Network / コンテンツ配信ネットワーク) とは、様々な地域にまたがって構成された複数のサーバーの集まりです。
これらのサーバーは同じ内容のデータのコピーを保有し、各ユーザーに最も近いサーバーからデータへの要求に応えることが可能となっています。
CDNはアクセス数の増加に影響されることなく、素早くサービスを提供するための技術なのです。
 
CDNは、BootstrapやjQueryなど、スタイルシートやJavaScriptファイル(静的ファイル)からなるライブラリを配信するために広く用いられています。
これらのサードパーティライブラリの配信にCDNを用いることが有効な理由はいくつかあります:
 
  • ライブラリファイルをCDNから配信することは、アプリケーションサーバーへの要求負荷を軽減します。
  • ほとんどのCDNは世界中にサーバーを配置しています。そのため、あなた自身のアプリケーションサーバーよりもCDNのサーバーの方が地理的にユーザーの近くに位置するかもしれません。地理的な距離は応答時間に比例的に影響します。
  • CDNには適切なキャッシュ設定が適用されているため、あなた自身がアプリケーションサーバーに静的ファイルのための設定をほどこす時間や手間を省くことができます。

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: MasahiroHarada
 最終更新者: MasahiroHarada,