Distributed Denial of Service

Distributed Denial-of-ServiceDDoS、分散型サービス拒否)は、サーバー資源を襲って正当なユーザーをブロックするために、多数の侵害されたシステムが単一のターゲットを攻撃する攻撃です。

通常、多くの人が多くのボットを使用して、銀行やクレジットカード決済ゲートウェイなどの注目を浴びるウェブサーバーを攻撃します。DDoS は、コンピューターネットワークと CPU 資源管理に関係します。

典型的な DDoS 攻撃では、攻撃者は 1 つのコンピューターシステムの脆弱性を悪用して DDoS マスターにすることから始めます。ボットマスターとも呼ばれる攻撃マスターは、マルウェアで他の脆弱なシステムを識別し、感染させます。最終的に、攻撃者は、指定されたターゲットに対して攻撃を開始するよう被制御マシンに指示します。

DDoS 攻撃には、ネットワーク中心の攻撃(帯域幅を使用してサービスに負荷をかける)とアプリケーション層の攻撃(アプリケーションの呼び出しでサービスやデータベースを過負荷にする)の 2種類があります。ターゲットへのデータのオーバーフローにより、ターゲットマシンが飽和し、正当なトラフィックに応答しないか、または非常に遅く応答します(そのため、「サービス拒否」という名前)。感染したコンピューターの所有者は、通常、コンピューターが侵害されたことを知らず、サービスの喪失を被ります。

侵入者の制御下にあるコンピューターは、ゾンビまたはボットと呼ばれます。同時感染したコンピューターのネットワークは、ボットネットまたはゾンビ軍として知られています。カスペルスキー研究所とシマンテックのどちらも、スパム、ウイルス、ワームなどではなく、ボットネットをインターネットセキュリティにとって最大の脅威と認識しています。

US-CERT(米国コンピューター緊急時対応チーム、United States Computer Emergency Readiness Teamの略)は、サービス拒否攻撃の症状を次のように定義しています。

  • 異常に遅いネットワークパフォーマンス(ファイルを開く、またはウェブサイトにアクセスする)
  • 特定のウェブサイトの利用不可能
  • どのウェブサイトにもアクセスできない
  • 受信した迷惑メールの数の劇的な増加 — (この種類の DoS 攻撃はメールボムと見なされます)
  • 無線または有線のインターネット接続の切断
  • ウェブやその他のインターネットサービスへの長期的なアクセスの拒否

より詳しく知る

一般知識