Tree shaking

Tree shaking とは実行されないコードを削除することで、JavaScriptの文脈で利用される用語です。

Tree shaking は ES2015 の import 文と export 文を利用して、エキスポートされたコードが他の JavaScript ファイルで利用されているかどうかを判定します。

モダンな JavaScript アプリケーションの開発では、webpackRollup のようなモジュールバンドラーが複数の JavaScript ファイルを 1 つにまとめられます。この際に tree shaking が行われます。Tree shaking は、コードの構造を整理してファイルサイズを小さくできる、といった点で製品としてリリースする前の重要な処理となっています。

詳細情報

一般的な知識

技術的なレファレンス