Preflight request (プリフライトリクエスト)

CORS のプリフライトリクエストは CORS のリクエストの一つであり、サーバーが CORS プロトコルを理解していて準備がされていることを、特定のメソッドとヘッダーを使用してチェックします。

これは OPTIONS リクエストであり、 Access-Control-Request-Method,Access-Control-Request-Headers, Origin の3つの HTTP リクエストヘッダー使用します。

プリフライトリクエストはブラウザーが自動的に発行するものであり、通常は、フロントエンドの開発者が自分でそのようなリクエストを作成する必要はありません。これはリクエストが"to be preflighted"と修飾されている場合に現れ、単純リクエストの場合は省略されます。

例えば、クライアントはプリフライトリクエストを使用して、 DELETE リクエストを送信する前に、 DELETE リクエストを許可するかどうかをサーバーに尋ねるかもしれません。

OPTIONS /resource/foo 
Access-Control-Request-Method: DELETE 
Access-Control-Request-Headers: origin, x-requested-with
Origin: https://foo.bar.org

サーバーが許可している場合は、プリフライトリクエストへのレスポンスで、 Access-Control-Allow-Methods レスポンスヘッダーに DELETE を含めます。

HTTP/1.1 204 No Content
Connection: keep-alive
Access-Control-Allow-Origin: https://foo.bar.org
Access-Control-Allow-Methods: POST, GET, OPTIONS, DELETE
Access-Control-Max-Age: 86400

プリフライトレスポンスは、上記の例のように Access-Control-Max-Age ヘッダを使用して同じ URL で作成されたリクエストに対して、オプションでキャッシュすることができます。

関連情報