ジャンプ先:

falsy な値とは、 Boolean コンテキストに現れたときに false とみなされる値です。

JavaScript条件文繰り返しなどの場面で、任意の値を強制的に Boolean に型変換します。

以下 falsy な値の例です (false に変換されるので if ブロックは飛ばされます)。

if (false)
if (null)
if (undefined)
if (0)
if (NaN)
if ('')
if ("")
if (``)
if (document.all)

document.all は、過去にブラウザーの判定のために使用され、古いコード (if (document.all) { // Internet Explorer 用のコード (IE11 を除く) } や、 document.all.foo の存在を確認せずに document.all を使っているコードなど) との互換性を保つために、 HTML の仕様では ECMAScript 標準に故意に違反するよう定められています

falsy は falsey と書かれることもありますが、通常、英語においては単語を~yの形で形容詞化する際、末尾の e を省きます(noise => noisy, ice => icy, shine => shiny)。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, hideo54, ft-harai
最終更新者: mfuji09,