IIFE (即時実行関数式)

IIFE (Immediately Invoked Function Expression; 即時実行関数式) は定義されるとすぐに実行される JavaScript関数 です。

(function () {
    文
})();

このデザインパターンは自己実行無名関数とも呼ばれ、次の2つの主な部分から成ります。

  1. 最初の部分は グループ化演算子 () に囲まれた静的スコープ付きの無名関数です。これは IIFE イディオム内で、汚いグローバルスコープと同様に変数へアクセスすることを防ぎます。
  2. 2つ目の部分は即時実行関数式の () で、これを通じて JavaScript エンジンは直接関数を解釈実行します。

この関数は即時実行される関数式になります。関数式内の変数は外部からアクセスできません。

(function () {
    var aName = "Barry";
})();
// 変数 aName はスコープ外からアクセスできません
aName // "Uncaught ReferenceError: aName is not defined" が発生します

IIFE を変数に代入することはその結果だけが保存されます。

var result = (function () {
    var name = "Barry"; 
    return name; 
})(); 
// Immediately creates the output: 
result; // "Barry"