ジャンプ先:

ICE (Interactive Connectivity Establishment) は、ネットワークトポロジー(通常は音声および/またはビデオのチャット)に関係なく、2つのピアを互いに接続するための WebRTC(他のテクノロジのあまたある中で)に使用されるフレームワークです。 このプロトコルを使用すると、ネットワークアドレストランスレーター(NAT)を使用してそれぞれのローカルネットワーク上の他のデバイスとグローバル IP アドレスを共有していても、2つのピアが相互に接続を見つけて確立することができます。

フレームワークのアルゴリズムは、以下のオプションを順番に試して、2つのピアを接続するために最低遅延のパスを探します。

  1. 直接 UDP 接続(この場合かつ、この場合のみ、STUN サーバーを使用してピアのネットワーク対向アドレスを検出します)
  2. HTTP ポート経由の直接 TCP 接続
  3. HTTPS ポート経由の直接 TCP 接続
  4. リレー/TURN サーバー経由の間接接続(たとえば、NAT トラバーサルをブロックするファイアウォールの背後にピアがいる場合など、直接接続が失敗した場合)

より詳しく知る

一般知識

技術文書

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Wind1808
最終更新者: Wind1808,