Same-origin policy (同一オリジンポリシー)

同一オリジンポリシーは重要なセキュリティの仕組みであり、あるオリジンから読み込まれた文書やスクリプトが、どのように他のオリジンからのリソースと対話することができるかを制限するものです。悪意ある行動を起こしかねないリソースを分離し、攻撃の可能性を縮小するのに役立ちます。