この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

World Wide Web は、一般に WWW, W3, もしくは ウェブと呼ばれ、Internet を通じて公開されたウェブページが相互に接続したシステムのことです。ウェブはインターネットと同義ではありません。ウェブは、インターネット上に構築された多くのアプリケーションの中のひとつなのです。

ティム・バーナーズ=リーは、World Wide Web として知られることとなったアーキテクチャを提唱しました。彼は、1990 年に世界初のウェブ server とウェブ browser、そしてウェブページを CERN 物理学研究所の自身のコンピュータ上に構築しました。1991年、彼は alt.hypertext のニュースグループにて自身の成果を公表しました。ウェブが世界で初めて公になった瞬間でした。

今日、「ウェブ」として知られているシステムは、いくつかの構成要素から成り立っています。

  • HTTP プロトコルがサーバとクライアント間のデータ転送を管理しています。
  • ウェブの構成要素にアクセスするために、クライアントは URL (uniform resource location) もしくは (以前に Universal Document Identifier (UDI) と呼ばれていた) URI (uniform resource identifier) と呼ばれる固有の識別子を提供します。
  • HTML (hypertext markup language) は、ドキュメントを公開する最も一般的な形式です。

リンクする、もしくは hyperlinks を介してリソースを結びつけることは、関連するドキュメントをひとまとめに識別できるようにする、ウェブにおいて特徴的な概念です。

ウェブを発明してすぐ、ティム・バーナーズ=リーは、ウェブを標準化し、さらに開発を進めるべく、W3C (World Wide Web Consortium) を立ち上げました。この協会は、ウェブブラウザの開発者、政府団体、研究者、大学のような主要なウェブの利益団体で構成されています。その役目は、教育や地域社会への奉仕活動も含んでいます。

関連情報

World Wide Web について学ぶ

基礎知識

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: toVersus
 最終更新者: toVersus,