WCAG

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) は  W3C  の Web Accessibility Initiative が発行している勧告です。まずは障害のある人や、そのほか携帯電話のように端末に制限のあるユーザーのために、コンテンツをアクセシブルにする基準を示したガイドライン集を定めています。

2008年12月11日に WCAG 1.0 の次となる WCAG 2.0 が W3C から勧告されました。アクセシビリティの 4 つの原則 (知覚可能、操作可能、理解可能、および堅牢性) に基づき、12 のガイドラインがあり、各ガイドラインには検証可能な達成基準が設けられています。

WCAG には 3 つの適合レベルが定義されています :

  • 優先度 1: 満たさなければ 1 つ以上のグループがウェブコンテンツにアクセスできなくなる、ウェブ開発者が満たさなければならない要件。この適合レベルが A とされています。
  • 優先度 2: 満たさなければいくつかのグループがウェブコンテンツにアクセスしづらくなる、ウェブ開発者が満たすべき要件。この適合レベルが AA またはダブル A とされています。
  • 優先度 3: いくつかのグループがウェブコンテンツにアクセスしやすくするための、ウェブ開発者が満たしてもよい要件。この適合レベルが AAA もしくはトリプル A とされています。

関連項目

一般知識

  • Wikipedia の WCAG

Technical knowledge