Continuous Media

連続的なメディアは、元と送り先の間にタイミングの関連があるデータです。最もよくある例は、オーディオやモーションビデオです。連続的なメディアは、元と送り先に「強い」タイミング関連があるリアルタイム (インタラクティブ)であったり、関連はそこまで厳しくないストリーミング (プレイバック)であったりします。 

CSS は印刷媒体を含むさまざまなコンテンツに使われ、いくつかの CSS、とりわけレイアウトに使われるものでは、文脈に応じてさまざまに振る舞います。

このため、連続的なメディアは、コンテンツが途切れていなければ、文脈を見分けて、連続的に流れます。スクリーンに表示されるウェブのコンテンツは、話すコンテンツと同様の、連続したメディアです。