Cipher (サイファー)

暗号学では、サイファー平文暗号化して読めなくし、それを復号するアルゴリズムです。

サイファーは、情報化時代のかなり前から一般的でしたが(例えば、換字式暗号転置式暗号)、それらはワンタイムパッドを除いて、どれも暗号的に安全ではありませんでした。

現代のサイファーは、暗号解読者が発見した攻撃 に耐えるように設計されています。すべての攻撃方法が検出されたという保証はありませんが、各アルゴリズムは既知の種類の攻撃に対して判断されます。

サイファーは、データの連続したブロックまたはバッファのブロック暗号と、連続的なデータフロー(多くの場合、音声または動画)のストリーム暗号の 2 つの方法で動作します。

それらはまた、暗号鍵がどのように扱われるかによって分類されています。

  • 共通鍵暗号は、メッセージの暗号化と復号に同じ鍵を使用します。メッセージを秘密のままにする場合は、鍵を安全に送信する必要があります。
  • 公開鍵暗号は、暗号化と復号に異なる鍵を使用します。