First-class Function (第一級関数)

プログラミング言語が第一級関数 (First-class functions) を持つと言われる場合、その言語の関数がその他の変数と同様に扱われることを表します。例えば、こうした言語では、関数を他の関数への引数として渡したり、他の関数から返却したり、変数の値として代入したりすることができます。

例 | 関数を変数へ代入する

JavaScript

const foo = function() {
   console.log("foobar");
}
// 変数を使用して呼び出し
foo();

ここでは無名関数変数に代入してから、変数を使用して末尾に括弧 () を追加することで、その関数を呼び出しています。

関数に名前があっても、変数を使用してその関数を呼び出すことができます。名前を付けるとコードをデバッグするときに役立ちますが、呼び出し方法に影響はありません

例 | 引数として関数を渡す

JavaScript

function sayHello() {
   return "Hello, ";
}
function greeting(helloMessage, name) {
  console.log(helloMessage() + name);
}
// `sayHello` を `greeting` 関数の引数として渡す
greeting(sayHello, "JavaScript!");

ここでは sayHello() 関数を greeting() 関数の引数として渡しており、関数を変数として扱っていることを示しています。

他の関数へ引数として渡される関数は、コールバック関数と呼ばれます。 sayHello はコールバック関数です。

例 | 関数を返す

JavaScript

function sayHello() {
   return function() {
      console.log("Hello!");
   }
}

この例では、関数を他の関数から返す必要があります。 - 関数を返すことができるのは、 JavaScript では関数をとして扱っているからです。

関数を返す関数は高階関数と呼ばれます。

例に戻ると、 sayHello 関数とそこから返される無名関数を呼び出す必要があるとします。そのためには二つの方法があります。

1. 変数を使用する

const sayHello = function() {
   return function() {
      console.log("Hello!");
   }
}
const myFunc = sayHello();
myFunc();

この方法では、 Hello! メッセージが返されます。

他の変数を使用する必要があります。直接 sayHello を呼び出すと、帰される関数を呼び出すことなく関数自体が返されます。

2. 二重括弧の使用

function sayHello() {
   return function() {
      console.log("Hello!");
   }
}
sayHello()();

二重括弧 ()() を使用して、返された関数を呼び出しています。