Response header (レスポンスヘッダー)

ジャンプ先:

レスポンスヘッダーは、 HTTP レスポンスで使用できる HTTP ヘッダーで、メッセージの内容には関連しないものです。 Age, Location, Server のようなレスポンスヘッダーは、レスポンスのものより詳細な文脈を提供するために使用されます。

レスポンスに現れるすべてのヘッダーがレスポンスヘッダーとは限りません。例えば Content-Length ヘッダーは、レスポンスメッセージの本文の長さを表すエンティティヘッダーです。しかし、これらのエンティティヘッダーもそのような場面ではレスポンスヘッダーと呼ばれることがよくあります。

以下に、 GET リクエストの後のレスポンスヘッダーをいくつか示します。なお、正確に言えば、 Content-Encoding 及び Content-Type ヘッダーはエンティティヘッダーです。

200 OK
Access-Control-Allow-Origin: *
Connection: Keep-Alive
Content-Encoding: gzip
Content-Type: text/html; charset=utf-8
Date: Mon, 18 Jul 2016 16:06:00 GMT
Etag: "c561c68d0ba92bbeb8b0f612a9199f722e3a621a"
Keep-Alive: timeout=5, max=997
Last-Modified: Mon, 18 Jul 2016 02:36:04 GMT
Server: Apache
Set-Cookie: mykey=myvalue; expires=Mon, 17-Jul-2017 16:06:00 GMT; Max-Age=31449600; Path=/; secure
Transfer-Encoding: chunked
Vary: Cookie, Accept-Encoding
X-Backend-Server: developer2.webapp.scl3.mozilla.com
X-Cache-Info: not cacheable; meta data too large
X-kuma-revision: 1085259
x-frame-options: DENY

詳細情報

技術リファレンス

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,