ジャンプ先:

Flexbox レイアウトは親要素の display プロパティの値に flex または inline-flex を指定することで定義されます。この親要素が「flex コンテナ」となり、その子要素が 「flex アイテム」(flex item) となります。

値に flex を指定すると、この要素はブロックレベルの flex コンテナとなり、inline-flex を指定すると、インラインレベルの flex コンテナとなります。これらの指定は、その要素に対する「flex 整形文脈 (flex formatting context)」を作成します。Flex 整形文脈は、フロートがコンテナに侵入せず、コンテナのマージンがアイテムのマージンによって相殺されないという点で、ブロック整形文脈と同様のものです。

関連項目

プロパティリファレンス

参考文献

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: reppets
最終更新者: reppets,