Code splitting (コード分割)

コード分​​割とは、コードをさまざまなバンドルまたはコンポーネントに分割することです。そうすることで、必要に応じて特定のコンポーネントのみを読み込んだり、並列で読み込んだりすることを可能にします。

たとえアプリケーションの複雑さが増すことなく、シンプルに維持されるとしても、CSSやJavaScript、バンドルといったファイルのサイズは増大するのが普通です。特にサードパーティのライブラリを導入していた場合、それらのファイルサイズ増大に伴ってアプリケーションのサイズも増します。そうした大きくなってしまったファイルを読み込むことを避けるために、コード分割を実施します。

ページの読み込み時すぐに必要なファイルはその時点で読み込み、そうでないものはその後に読み込みを行って対応します(遅延読み込み)。こうすることで、コード総量は同じであっても『初期ロード中に必要なコード量』を減らすことができパフォーマンスを向上させることができます。

関連項目