ここへジャンプ:

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

コンパイルとは、特定のプログラミング言語を用いて記述されたコンピュータプログラムを他の言語(普通はコンピュータが実行できるバイナリ言語)を用いて記述された同じプログラムに形を変えることである。コンパイラはこのタスクを実行するソフトウェアです。時々、このタスクは "アセンブル" や "ビルド"とも呼ばれて、典型的には単なるコンパイルの完了以上のことを示します。例えばあるバイナリーフォーマットにパッケージするなど。

Usually, a compiler transforms a higher-level language such as C or Java, which humans understand, into a machine language, such as assembly, that the CPU can understand. Some compilers which translate between similar level languages are called transpilers or cross-compilers, for instance to compile from TypeScript to JavaScript. Those are considered productivity tools.

Most Compilers work either ahead-of-time (AOT) or just-in-time (JIT). As a programmer, you usually invoke AOT compilers from a command line or your IDE. The most famous, "gcc" is one example.
JIT compilers are usually transparent to you, used for performance. For instance in the browser: Firefox' SpiderMonkey JavaScript Engine has a JIT built-in that will compile JavaScript in a website to machine code while you're viewing it so it runs faster. Projects like WebAssembly work on making this even better.

さらに学ぶ

一般的な知識

学習資料

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Uemmra3, karaage-kun
 最終更新者: Uemmra3,