ジャンプ先:

コンパイルとは、特定のプログラミング言語を用いて記述されたコンピュータプログラムを他の言語(普通はコンピュータが実行できるバイナリ言語)を用いて記述された同じプログラムに形を変えることである。コンパイラはこのタスクを実行するソフトウェアです。時々、このタスクは "アセンブル" や "ビルド"とも呼ばれて、典型的には単なるコンパイルの完了以上のことを示します。例えばあるバイナリーフォーマットにパッケージするなど。

通常、コンパイラはCやJavaのように人間が理解しやすい高級言語をアセンブリのようなCPUが理解できる機械語に変換します。TypeScriptを JavaScriptにコンパイルような、同レベル間の言語を翻訳するコンパイラはトランスパイラやクロスコンパイラと呼ばれます。これらはプロダクティビティツールと考えられています。

ほとんどのコンパイラは、ahead-of-time (AOT)かjust-in-time (JIT)で動きます。プログラマとしてのあなたはたいていコマンドラインかあなたの使用するIDEからAOTコンパイラを起動します。最も有名なコンパイラである"gcc"はその1例です。
JITコンパイラ はたいてい透過的であり、パフォーマンスのために使用されます。例えばブラウザの場合、FirefoxのSpiderMonkey JavaScriptエンジンは組み込みJITコンパイラを持っています。これは、あなたがWebサイトを閲覧中にWebサイトのJavaScriptがより速く実行できるように機械語のコードにコンパイルします。WebAssemblyのようなプロジェクトはこれをより良く行えるようにします。

さらに学ぶ

一般的な知識

学習資料

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yuna, Uemmra3, karaage-kun
最終更新者: yuna,