Percent-encoding (パーセントエンコーディング)

パーセントエンコーディング(Percent-encoding)は、URL のコンテキストで特定の意味を持つ 8 ビット文字をエンコードするメカニズムです。URL エンコードとも呼ばれます。エンコードは置換で構成されます。'%' の後に、置換文字の ASCII 値の 16進表現が続きます。

エンコードが必要な特殊文字は、':', '/', '?', '#', '[', ']', '@', '!', '$', '&', "'", '(', ')', '*', '+', ',', ';', '='、および '%' 自体です。他の文字もエンコードできますが、エンコードする必要はありません。

':' '/' '?' '#' '[' ']' '@' '!' '$' '&' "'" '(' ')' '*' '+' ',' ';' '=' '%' ' '
%3A %2F %3F %23 %5B %5D %40 %21 %24 %26 %27 %28 %29 %2A %2B %2C %3B %3D %25 %20 または +

コンテキストに応じて、文字 ' ''+'application/x-www-form-urlencoded メッセージで使用するパーセントエンコーディングバージョンなど)または URL のような '%20' に変換されます。

より詳しく知る

一般知識

技術的知識

  • RFC 3986 のセクション 2.1 に、このエンコーディングが定義されています。