Document

Document インターフェイスはブラウザーに読み込まれたウェブページを表し、 DOM ツリーであるウェブページのコンテンツへのエントリーポイントとして働きます。 DOM ツリーは <body><table> など、多数の要素を持ちます。これはページの URL を取得したり文書で新たな要素を作成するなど、文書全体に関わる機能を提供します。

Document インターフェイスは、あらゆる種類の文書に対して共通のプロパティやメソッドを提供します。また、文書の種類 (例: HTMLXML (en-US)、SVG など) に応じて、より大規模な API を使用できます。コンテンツタイプ "text/html" で提供される HTML 文書では、 HTMLDocument インターフェイスも実装します。一方 XML や SVG 文書では、 XMLDocument インターフェイスを実装します。

コンストラクター

Document()
新しい Document オブジェクトを作成します。

プロパティ

このインターフェイスは、 Node インターフェイスおよび EventTarget インターフェイスのプロパティも継承しています。

Document.anchors読取専用
文書内のすべてのアンカーのリストを返します。
Document.body
現在の文書の <body> または <frameset> ノードを返します。
Document.characterSet読取専用
文書に適用されている文字セットを返します。
Document.compatMode これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。 読取専用
文書が Quirks モードと Strict モードのどちらで描画されているかを示します。
Document.contentType これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。 読取専用
現在の文書の MIME ヘッダーから Content-Type を返します。
Document.doctype読取専用
現在の文書の文書型宣言 (DTD) を返します。
Document.documentElement読取専用
文書の直接の子である Element を返します。 HTML 文書では、これは通常は文書の <html> 要素を表す HTMLElement オブジェクトになります。
Document.documentURI読取専用
文書の場所を文字列で返します。
Document.embeds読取専用
現在の文書に含まれる、埋め込まれた <embed> 要素のリストを返します。
Document.fonts
現在の文書の FontFaceSet (en-US) インターフェイスを返します。
Document.forms読取専用
現在の文書の <form> 要素のリストを返します。
Document.head読取専用
現在の文書の <head> 要素を返します。
Document.hidden読取専用
このページが非表示と見なされているかどうかを論理値で返します。
Document.images読取専用
現在の文書の画像のリストを返します。
Document.implementation読取専用
現在の文書に関連付けられた DOM 実装を返します。
Document.lastStyleSheetSet読取専用
直前に有効であったスタイルシートセットの名称を返します。 selectedStyleSheetSet に値を設定してスタイルシートを変更するまで、この値は null になります。
Document.links読取専用
文書内のすべてのハイパーリンクのリストを返します。
Document.mozSyntheticDocument (en-US) この API は標準化されていません。
単独の画像、動画、オーディオファイルなど、文書が Synthetic である場合に限り true となる Boolean を返します。
Document.plugins読取専用
利用可能なプラグインのリストを返します。
Document.featurePolicy これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。 読取専用
特定の文書に適用する機能ポリシーを見るための簡単な API を提供する FeaturePolicy (en-US) インターフェイスを返します。
Document.preferredStyleSheetSet読取専用
ページの作者によって設定された、優先的なスタイルシートを返します。
Document.scripts読取専用
文書内のすべての <script> 要素を返します。
Document.scrollingElement読取専用
文書をスクロールする Element への参照を返します。
Document.selectedStyleSheetSet
現在どのスタイルシートセットを使用しているかを返します。
Document.styleSheetSets読取専用
文書で使用できるスタイルシートセットのリストを返します。
Document.timeline (en-US)読取専用
タイムラインを DocumentTimeline (en-US) の特別なインスタンスで返します。これはページの読み込み時に自動的に生成されます。
Document.undoManager これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。 読取専用
Document.visibilityState読取専用
文書の可視性を表す string を返します。 visible, hidden, prerender, unloaded のいずれかの値になります。

Document インターフェイスは、 ParentNode インターフェイスから派生しています。

ParentNode.childElementCount 読取専用
オブジェクトが持つ子の数を表す unsigned long 値を返します。
ParentNode.children 読取専用
この ParentNode の子であるすべての Element 型のオブジェクトを含む実際の HTMLCollection を返します。要素ではないノードは省きます。
ParentNode.firstElementChild (en-US) 読取専用
この ParentNode の最初の子である Element を返します。存在しない場合は null を返す。
ParentNode.lastElementChild (en-US) 読取専用
この ParentNode の最後の子である Element を返します。存在しない場合は null を返す。

HTML 文書向けの拡張

HTML 文書用の Document インターフェイスは HTMLDocument インターフェイスから継承する、あるいは HTML5 文書向けに拡張されています。

Document.cookie
文書のクッキーをセミコロンで区切られたリストで返すか、1 つのクッキーを設定します。
Document.defaultView読取専用
window オブジェクトへの参照を返します。
Document.designMode
文書全体を編集可能かを取得 / 設定します。
Document.dir読取専用
文書の書字方向 (rtl/ltr) を取得 / 設定します。
Document.domain
現在の文書のドメインを取得 / 設定します。
Document.lastModified読取専用
文書の最終更新日を返します。
Document.location読取専用
現在の文書の URI を返します。
Document.readyState読取専用
文書の読み込み状況を表す文字列を返します。
Document.referrer読取専用
このページへリンクしたページの URI を返します。
Document.title
現在の文書のタイトルを設定または取得します。
Document.URL読取専用
現在の文書の URL を含む文字列を返します。

DocumentOrShadowRoot からインクルードしたプロパティ

Document インターフェイスは、 DocumentOrShadowRoot ミックスインで定義された以下のプロパティを含んでいます。これらは現在 Chrome のみ実装しています。ほかのブラウザーはいまだに、 Document インターフェイスに直接実装しています。

DocumentOrShadowRoot.activeElement読取専用
フォーカスを持つシャドウツリーがある Element を返します。
Document.fullscreenElement読取専用
文書で現在全画面モードになっている要素です。
DocumentOrShadowRoot.pointerLockElement これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。 読取専用
マウスポインターをロックしているときに、mouse イベントのターゲットとして設定された要素を返します。ロックが未実施、ロックが解除済み、あるいは別の文書がターゲットである場合は null になります。
DocumentOrShadowRoot.styleSheets読取専用
文書へ明示的にリンクまたは埋め込まれているスタイルシートの CSSStyleSheet オブジェクトの、StyleSheetList を返します。

イベントハンドラー

Document.onafterscriptexecute この API は標準化されていません。
afterscriptexecute (en-US) イベント用のイベント制御コードを表します。
Document.onbeforescriptexecute この API は標準化されていません。
beforescriptexecute (en-US) イベント用のイベント制御コードを表します。
Document.oncopy この API は標準化されていません。
copy イベント用のイベント制御コードを表します。
Document.oncut この API は標準化されていません。
cut イベント用のイベント制御コードを表します。
Document.onfullscreenchange
fullscreenchange イベントが発生したときに呼び出すコードを表す EventHandler です。
Document.onfullscreenerror
fullscreenerror イベントが発生したときに呼び出すコードを表す EventHandler です。
Document.onpaste この API は標準化されていません。
paste イベント用のイベント制御コードを表します。
Document.onreadystatechange
readystatechange (en-US) イベント用のイベント制御コードを表します。
Document.onselectionchange これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
selectionchange イベントが発生したときに呼び出すコードを表す EventHandler です。
Document.onvisibilitychange (en-US)
visibilitychange イベントが発生したときに呼び出すコードを表す EventHandler です。

Document インターフェイスは、GlobalEventHandlers インターフェイスから派生しています。

このインターフェイスには、以下のイベントハンドラー以外のプロパティはありません。

イベントハンドラー

以下のイベントハンドラーは GlobalEventHandlers ミックスインで定義されており、 HTMLElement, Document, Window、さらに Web Worker 向けには WorkerGlobalScope が実装しています。

GlobalEventHandlers.onabort
EventHandler で、 abort イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onanimationcancel (en-US) この API は標準化されていません。
EventHandler で、 CSS アニメーションがキャンセルされたことを示す animationcancel イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onanimationend (en-US) この API は標準化されていません。
EventHandler で、 CSS アニメーションの再生が停止したことを示す、 animationend (en-US) イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onanimationiteration (en-US) この API は標準化されていません。
EventHandler で、 CSS アニメーションのアニメーションシーケンスが新たなな繰り返しに入ったことを示す、animationiteration (en-US) イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onanimationstart (en-US) この API は標準化されていません。
EventHandler で、 CSS アニメーションの再生が開始したことを示す、animationstart (en-US) イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onauxclick (en-US) この API は標準化されていません。
EventHandler で、入力デバイスで非プライマリーボタン (例えばマウスの中ボタン) が押下されたことを示す、 auxclick イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onblur
EventHandler で、 blur イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onerror (en-US)
EventHandler で、 error イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onfocus
EventHandler で、 focus (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oncancel
EventHandler で、 cancel イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oncanplay
EventHandler で、 canplay イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oncanplaythrough
EventHandler で、 canplaythrough (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onchange
EventHandler で、 change (en-US) イベントが発生した時にときび出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onclick
EventHandler で、 click イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onclose
EventHandler で、 close イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oncontextmenu (en-US)
EventHandler で、 contextmenu (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oncuechange (en-US)
EventHandler で、 cuechange (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondblclick (en-US)
EventHandler で、 dblclick (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondrag
EventHandler で、 drag イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondragend
EventHandler で、 dragend (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondragenter
EventHandler で、 dragenter (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondragexit (en-US)
EventHandler で、 dragexit イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondragleave
EventHandler で、 dragleave (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondragover
EventHandler で、 dragover (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondragstart
EventHandler で、 dragstart (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondrop
EventHandler で、 drop (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ondurationchange (en-US)
EventHandler で、 durationchange (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onemptied (en-US)
EventHandler で、 emptied (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onended (en-US)
EventHandler で、 ended (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onformdata
EventHandler で、フォームデータが構築されたことを表す入力リストの後で発生する formdata イベントの処理をします。
GlobalEventHandlers.ongotpointercapture
EventHandler で、 gotpointercapture イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oninput
EventHandler で、 input イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.oninvalid
EventHandler で、 invalid (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onkeydown
EventHandler で、 keydown (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onkeypress
EventHandler で、 keypress (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onkeyup
EventHandler で、 keyup (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onload
EventHandler で、 load イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onloadeddata (en-US)
EventHandler で、 loadeddata (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードをします。
GlobalEventHandlers.onloadedmetadata (en-US)
EventHandler で、 loadedmetadata (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onloadend
EventHandler で、 loadend (en-US) イベントが発生した (リソースの読み込みの進行が停止した) ときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onloadstart (en-US)
EventHandler で、 loadstart (en-US) イベントが発生した (リソースの読み込みを開始した) ときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onlostpointercapture
EventHandler で、 lostpointercapture イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmousedown
EventHandler で、 mousedown イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmouseenter
EventHandler で、 mouseenter (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmouseleave
EventHandler で、 mouseleave (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmousemove
EventHandler で、 mousemove (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmouseout
EventHandler で、 mouseout (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmouseover
EventHandler で、 mouseover (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmouseup
EventHandler で、 mouseup (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onmousewheel (en-US) この API は標準化されていません。 これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
EventHandler で、 mousewheel (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。廃止予定です。 代わりに onwheel を使ってください。
GlobalEventHandlers.onwheel
EventHandler で、 wheel (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpause (en-US)
EventHandler で、 pause (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onplay (en-US)
EventHandler で、 play (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onplaying
EventHandler で、 playing (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerdown
EventHandler で、 pointerdown イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointermove
EventHandler で、 pointermove イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerup
EventHandler で、 pointerup イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointercancel
EventHandler で、 pointercancel イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerover
EventHandler で、 pointerover イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerout
EventHandler で、 pointerout イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerenter
EventHandler で、 pointerenter イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerleave
EventHandler で、 pointerleave イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerlockchange これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 pointerlockchange (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onpointerlockerror これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 pointerlockerror (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onprogress
EventHandler で、 progress (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onratechange
EventHandler で、 ratechange (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onreset
EventHandler で、 reset (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onresize
EventHandler で、 resize (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onscroll
EventHandler で、 scroll (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onseeked
EventHandler で、 seeked (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onseeking
EventHandler で、 seeking (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onselect
EventHandler で、 select (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onselectstart (en-US)
EventHandler で、 selectstart イベントが発生した (ユーザーがウェブページで新たにテキスト選択を開始した) ときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onselectionchange
EventHandler で、 selectionchange イベントが発生した (ウェブページで選択されたテキストが替わった) ときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onshow
EventHandler で、 show (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onsort これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 sort イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onstalled
EventHandler で、 stalled (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onsubmit (en-US)
EventHandler で、 submit (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onsuspend
EventHandler で、 suspend (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ontimeupdate
EventHandler で、 timeupdate (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.onvolumechange
EventHandler で、 volumechange (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ontouchcancel この API は標準化されていません。 これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 touchcancel (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ontouchend この API は標準化されていません。 これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 touchend (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ontouchmove (en-US) この API は標準化されていません。 これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 touchmove (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ontouchstart この API は標準化されていません。 これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
EventHandler で、 touchstart (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。
GlobalEventHandlers.ontransitioncancel
EventHandler で、 CSS トランジションがキャンセルされたことを示す、 transitioncancel イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.ontransitionend
EventHandler で、 CSS トランジションの再生が停止したことを示す、transitionend (en-US) イベントが送信されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.ontransitionrun
EventHandler で、 transitionrun イベントが送信されたときに呼び出され、 CSS トランジションが実行されていることを示しますが、開始されているとは限りません。
GlobalEventHandlers.ontransitionstart
EventHandler で、 transitionstart イベントが送信されたときに呼び出され、 CSS トランジションが遷移を開始したことを示します。
GlobalEventHandlers.onwaiting
EventHandler で、 waiting (en-US) イベントが発生したときに呼び出すコードを表します。

非推奨のプロパティ

Document.alinkColor これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
文書本文内のアクティブなリンクの色を取得または設定します。
Document.all これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 この API は標準化されていません。
文書内のすべての要素にアクセスできます。文書ノードを起点とする HTMLAllCollection を返します。これは古い標準外のプロパティですので、使用しないようにしてください。
Document.applets これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 読取専用
文書内にあるアプレットのリスト (出現順) を返します。
Document.bgColor これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
現在の文書の背景色を取得または設定します。
Document.charset (en-US) これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 読取専用
Document.characterSet の別名です。代わりに Document.characterSet を使用してください。
Document.domConfig これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
DOMConfiguration オブジェクトを返すはずです。
Document.fgColor これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
現在の文書の前景色または文字色を取得 / 設定します。
Document.fullscreen これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
文書が 全画面モード であるときに、true になります。
Document.height この API は標準化されていません。 これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
現在の文書の高さを取得 / 設定します。
Document.inputEncoding これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 読取専用
Document.characterSet の別名です。代わりに Document.characterSet を使用してください。
Document.linkColor これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
document 内のハイパーリンクの色を取得 / 設定します。
Document.rootElement (en-US) これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
Document.documentElement と同様ですが、 <svg> ルート要素専用です。こちらのプロパティを代わりに使用してください。
Document.vlinkColor これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
訪問済みのハイパーリンクの色を取得/設定します。
Document.width この API は標準化されていません。 これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
現在の文書の幅を返します。
Document.xmlEncoding (en-US) これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
XML 宣言によって決められたエンコーディングを返します。
Document.xmlStandalone Gecko 10 で廃止
XML 宣言で文書がスタンドアロンである (: DTD の外部パートが文書のコンテンツに影響する) 場合に true を、そうでない場合に false を返します。
Document.xmlVersion Gecko 10 で廃止
XML 宣言で指定されたバージョン番号、または宣言が省略されている場合に "1.0" を返します。

メソッド

このインターフェイスは、Node インターフェイスおよび EventTarget インターフェイスのメソッドを継承します。

Document.adoptNode()
外部文書からノードを取り込みます。
Document.captureEvents() これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
Window.captureEvents をご覧ください。
Document.caretRangeFromPoint() この API は標準化されていません。
指定した座標にある文書の断片の Range オブジェクトを取得します。
Document.createAttribute() (en-US)
新しい Attr オブジェクトを生成して、返します。
Document.createAttributeNS()
指定した名前空間に新しい属性ノードを生成して、返します。
Document.createCDATASection()
新しい CDATA ノードを生成して、返します。
Document.createComment()
新しいコメントノードを生成して、返します。
Document.createDocumentFragment()
新しい文書断片を生成します。
Document.createElement()
指定したタグ名で新しい要素を生成します。
Document.createElementNS()
指定したタグ名およびネームスペース URI で、新しい要素を生成します。
Document.createEntityReference() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
新しい Entity Reference オブジェクトを生成して、返します。
Document.createEvent()
Event オブジェクトを生成します。
Document.createNodeIterator()
NodeIterator オブジェクトを生成します。
Document.createProcessingInstruction()
新しい ProcessingInstruction (en-US) オブジェクトを生成します。
Document.createRange()
Range オブジェクトを生成します。
Document.createTextNode()
テキストノードを生成します。
Document.createTouch() これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
Touch オブジェクトを生成します。
Document.createTouchList()
TouchList オブジェクトを生成します。
Document.createTreeWalker() (en-US)
TreeWalker オブジェクトを生成します。
Document.enableStyleSheetsForSet()
指定したスタイルシートセットのスタイルシートを有効化します。
Document.exitPointerLock() これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
Pointer Lock を解放します。
Document.getAnimations() これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。
現在実行中であるすべての Animation オブジェクトの配列を返します。この対象要素は、document の子孫要素です。
Document.getElementsByClassName()
(引数で) 与えられたクラス名を持つ要素のリストを返します。
Document.getElementsByTagName()
(引数で) 与えられたタグ名を持つ要素のリストを返します。
Document.getElementsByTagNameNS()
(引数で) 与えられたタグ名と名前空間を持つ要素のリストを返します。
Document.hasStorageAccess()
文書が自分自身 (first-party) のストレージにアクセスしたかどうかを示す真偽値を解決する Promise を返します。
Document.importNode()
外部文書のノードの複製を返します。
Document.normalizeDocument() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
エンティティの置換や、テキストノードの正規化などを行います。
Document.releaseCapture() この API は標準化されていません。
この文書内の要素でマウスキャプチャーを行っている場合に、マウスキャプチャーを解放します。
Document.releaseEvents() この API は標準化されていません。 これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
Window.releaseEvents() をご覧ください。
Document.requestStorageAccess()
自分自身 (first-party) のストレージへのアクセスが許可された場合は解決し、拒否された場合は拒否される Promise を返します。
Document.routeEvent() この API は標準化されていません。 Gecko 24 で廃止
Window.routeEvent() (en-US) をご覧ください。
Document.mozSetImageElement() (en-US) この API は標準化されていません。
指定した ID を持つ要素の背景画像として使用する要素を変更できます。

Document インターフェイスは、 ParentNode インターフェイスから継承しています。

document.getElementById(String id)
特定の id を持つ要素へのオブジェクト参照を返します。
Document.querySelector()
指定したセレクターに一致する、文書内で最初の要素ノードを返します。
Document.querySelectorAll()
指定したセレクターに一致する、文書内のすべての要素ノードのリストを返します。

Document インターフェイスは、XPathEvaluator (en-US) インターフェイスによって拡張されています。

Document.createExpression()
(繰り返し) 評価に使用できる XPathExpression (en-US) をコンパイルします。
Document.createNSResolver()
XPathNSResolver (en-US) オブジェクトを生成します。
Document.evaluate()
XPath 表現を評価します。

HTML 文書向けの拡張

HTML 文書用の Document インターフェイスは HTMLDocument インターフェイスから継承する、あるいは HTML5 文書向けに拡張されています。

Document.clear() この API は標準化されていません。 これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
最近の Firefox や Internet Explorer を含む大部分の現行ブラウザーは、何も行いません。
Document.close()
書き込み用の文書ストリームを閉じます。
Document.execCommand()
編集可能な文書で、フォーマットコマンドを実行します。
Document.getElementsByName()
(引数で) 与えられた名前 (name) を持つ要素のリストを返します。
Document.hasFocus()
指定した文書内にフォーカスがある場合に、 true を返します。
Document.open()
書き込み用の文書ストリームを開きます。
Document.queryCommandEnabled() (en-US)
現在の領域でフォーマットコマンドを実行できる場合に、 true を返します。
Document.queryCommandIndeterm()
現在の領域でフォーマットコマンドの状態が不確定である場合に true を返します。
Document.queryCommandState()
現在の領域でフォーマットコマンドを実行した場合に true を返します。
Document.queryCommandSupported()
現在の領域でフォーマットコマンドをサポートしている場合に、true を返します。
Document.queryCommandValue()
指定したフォーマットコマンドについて、現在の領域における値を返します。
Document.write()
文書にテキストを書き込みます。
Document.writeln()
文書にテキスト行を書き込みます。

DocumentOrShadowRoot から組み入れられたメソッド

Document インターフェイスは、DocumentOrShadowRoot ミックスインで定義された以下のメソッドを含んでいます。これらは現在 Chrome のみ実装しています。ほかのブラウザーはいまだに、 Document インターフェイスに実装しています。

DocumentOrShadowRoot.getSelection()
ユーザーが現在選択しているテキスト範囲、または現在のキャレットの位置を表す Selection オブジェクトを返します。
DocumentOrShadowRoot.elementFromPoint()
指定した座標で最前面にある要素を返します。
DocumentOrShadowRoot.elementsFromPoint()
指定した座標に存在するすべての要素の配列を返します。
DocumentOrShadowRoot.caretPositionFromPoint()
キャレットがある DOM ノードと、ノード内でキャレットあがある文字のオフセットを持つ CaretPosition オブジェクトを返します。

イベント

これらのイベントを待ち受けするには、 addEventListener() を使用するか、本インターフェイスの onイベント名 プロパティへイベントリスナーを代入するかしてください。

scroll
文書のビューまたは要素がスクロールしたときに発行されます。
onscroll プロパティからも利用できます。
visibilitychange
タブの内容の表示・非表示の状態が切り替わった時に発行されます。
onvisibilitychange (en-US) プロパティからも利用できます。
wheel (en-US)
ユーザーがポインティングデバイス (通常はマウス) のホイールボタンを回転した時に発行されます。
onwheel プロパティからも利用できます。

アニメーションイベント

animationcancel
アニメーションが予期せず中断された時に発行されます。
onanimationcancel (en-US) プロパティからも利用できます。
animationend
アニメーションが正常に完了したときに発行されます。
onanimationend (en-US) プロパティからも利用できます。
animationiteration
アニメーションの1周期が完了したときに発行されます。
onanimationiteration (en-US) プロパティからも利用できます。
animationstart
アニメーションが始まった時に発行されます。
onanimationstart (en-US) プロパティからも利用できます。

クリップボードイベント

copy
ユーザーがブラウザーのユーザーインターフェイスからコピー操作を開始した時に発行されます。
oncopy プロパティからも利用できます。
cut
ユーザーがブラウザーのユーザーインターフェイスから切り取り操作を開始したときに発行されます。
oncut プロパティからも利用できます。
paste
ユーザーがブラウザーのユーザーインターフェイスから貼り付け操作を開始したときに発行されます。
onpaste プロパティからも利用できます。

ドラッグ&ドロップイベント

drag
要素またはテキストの選択範囲をユーザーがドラッグしている間、数百ミリ秒ごとに発行されます。
ondrag プロパティからも利用できます。
dragend
ドラッグ操作が終了したとき (マウスボタンを離したときやエスケープキーを押したとき) に発行されます。
ondragend プロパティからも利用できます。
dragenter
ドラッグ中の要素またはテキストの選択範囲が妥当なドロップ対象に入ったときに発行されます。
ondragenter プロパティからも利用できます。
dragexit
要素がドラッグ操作の直接的な選択対象でなくなったときに発行されます。
ondragexit (en-US) プロパティからも利用できます。
dragleave
ドラッグ中の要素またはテキストの選択範囲が妥当なドロップ対象から外れたときに発行されます。
ondragleave プロパティからも利用できます。
dragover
要素またはテキストの選択範囲が妥当なドロップ対象の上をドラッグされているときに (数ミリ秒ごとに) 発行されます。
ondragover プロパティからも利用できます。
dragstart
ユーザーが要素またはテキストの選択範囲のドラッグを開始したときに発行されます。
ondragstart プロパティからも利用できます。
drop
要素またはテキストの選択範囲が妥当なドロップ対象にドロップされたときに発行されます。
ondrop プロパティからも利用できます。

全画面イベント

fullscreenchange
Document全画面 (en-US)モードへ移行したとき、または解除されたときに発行されます。
onfullscreenchange プロパティからも利用できます。
fullscreenerror
全画面 (en-US)モードへ切り替えようとしたとき、または解除しようとしたときにエラーが発生した場合に発行されます。
onfullscreenerror プロパティからも利用できます。

キーボードイベント

keydown
キーが押されたときに発行されます。
onkeydown プロパティからも利用できます。
keypress (en-US)
文字値を生成するキーが押下されたときに発行されます。 これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
onkeypress プロパティからも利用できます。
keyup
キーを離したときに発行されます。
onkeyup プロパティからも利用できます。

ロード&アンロードイベント

DOMContentLoaded
文書が完全に読み込まれて解釈されたときに、スタイルシート、画像、サブフレームの読み込みが完了するのを待たずに発行されます。
readystatechange
文書のreadyState 属性が変更されたときに発行されます。 onreadystatechange プロパティからも利用できます。

ポインターイベント

gotpointercapture
setPointerCapture() を使用して要素がポインターをキャプチャしたときに発行されます。
ongotpointercapture プロパティからも利用できます。
lostpointercapture
キャプチャされたポインターが解放されたときに発行されます。
onlostpointercapture プロパティからも利用できます。
pointercancel
ポインターイベントがキャンセルされたときに発行されます。
onpointercancel プロパティからも利用できます。
pointerdown
ポインターがアクティブになったときに発行されます。
onpointerdown プロパティからも利用できます。
pointerenter
ポインターが要素やその子孫のヒットテスト境界の中へ移動したときに発行されます。
onpointerenter プロパティからも利用できます。
pointerleave
ポインターが要素のヒットテスト境界の外へ移動したときに発行されます。
onpointerleave プロパティからも利用できます。
pointerlockchange
ポインターがロックまたはアンロックされたときに発行されます。
onpointerlockchange プロパティからも利用できます。
pointerlockerror
ポインターをロックしようとして失敗したときに発行されます。
onpointerlockerror プロパティからも利用できます。
pointermove
ポインターの座標が変化したときに発行されます。
onpointermove プロパティからも利用できます。
pointerout
ポインターが (訳あって) 要素のヒットテスト境界の外へ移動したときに発行されます。
onpointerout プロパティからも利用できます。
pointerover
ポインターが要素のヒットテスト境界の中へ移動したときに発行されます。
onpointerover プロパティからも利用できます。
pointerup
ポインターがアクティブではなくなったときに発行されます。
onpointerup property.

選択イベント

selectionchange
文書でのテキスト選択範囲が変化したときに発行されます。
onselectionchange プロパティからも利用できます。
selectstart
ユーザーが新しい選択を開始したときに発行されます。
onselectstart (en-US) プロパティからも利用できます。

タッチイベント

touchcancel
1 つ以上のタッチ点が実装固有の方法で中断された場合に発行されます (例えば、作成されたタッチ点が多すぎた場合など)。
ontouchcancel プロパティからも利用できます。
touchend
1つ以上のタッチ点がタッチ面から取り除かれたときに発行されます。
ontouchend プロパティからも利用できます。
touchmove
1つ以上のタッチ点がタッチ面に沿って移動したときに発行されます。
ontouchmove (en-US) プロパティからも利用できます。
touchstart
1つ以上のタッチ点がタッチ面に配置されたときに発行されます。
ontouchstart プロパティからも利用できます。

トランジションイベント

transitioncancel
CSS トランジションがキャンセルされたときに発行されます。
ontransitioncancel プロパティからも利用できます。
transitionend
CSS トランジションが完了したときに発行されます。
ontransitionend プロパティからも利用できます。
transitionrun
CSS トランジションが初めて作成されたときに発行されます。
ontransitionrun プロパティからも利用できます。
transitionstart
Fired when a CSS トランジションが実際に開始されたときに発行されます。
ontransitionstart プロパティからも利用できます。

標準外の拡張 この API は標準化されていません。

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Firefox のメモ

Mozilla は、 XUL コンテンツ限定の標準外プロパティを定義しています。

Document.currentScript この API は標準化されていません。
現在実行中の <script> 要素を返します。
Document.documentURIObject
(Mozilla アドオン限定!) 文書の URI を表す nsIURI オブジェクトを返します。このプロパティは特権付き (UniversalXPConnect 権限) の JavaScript コード内に限り、特別な意味を持ちます。
Document.popupNode (en-US)
ポップアップを表示させたノードを返します。
Document.tooltipNode
現行のツールチップのターゲットであるノードを返します。

Mozilla では、標準外のメソッドも定義しています。

Document.execCommandShowHelp()Gecko 14 で廃止
このメソッドは何も行わずに例外が発生することから、 Gecko 14.0 (Firefox 14.0 / Thunderbird 14.0 / SeaMonkey 2.11) で削除しました。
Document.getBoxObjectFor() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
代わりに Element.getBoundingClientRect() メソッドを使用してください。
Document.loadOverlay()Gecko 61 で廃止
XUL overlay を動的に読み込みます。これは XUL 文書のみで動作します。
Document.queryCommandText()Gecko 14 で廃止
このメソッドは何も行わずに例外が発生することから、Gecko 14.0 (Firefox 14.0 / Thunderbird 14.0 / SeaMonkey 2.11) で削除しました。

Internet Explorer の注意

Microsoft は、標準外のプロパティを定義しています。

Document.fileSize* この API は標準化されていません。 これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
文書の長さをバイト単位で返します。 Internet Explorer 11 より、このプロパティには対応していません。MSDN をご覧ください。

Internet Explorer は、 Node インターフェイス由来のメソッドをすべて Document インターフェイスで対応しているわけではありません。

Document.contains
回避策として、document.body.contains() を使用できます。

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Document の定義
現行の標準 DOM 3 の後継になる予定
HTML Living Standard
Document の定義
現行の標準 HTMLDocument インターフェイスを Document の拡張に変更
CSS Object Model (CSSOM) View Module
Document の定義
草案 Document インターフェイスを拡張
Pointer Lock
Document の定義
勧告候補 Document インターフェイスを拡張
Page Visibility (Second Edition)
Document の定義
勧告 Document インターフェイスを拡張し、 visibilityState および hidden 属性と onvisibilitychange イベントリスナーを追加
Selection API
Document の定義
草案 getSelection(), onselectstart, onselectionchange を追加
DOM4
Document の定義
廃止 DOM 3 の後継
Document Object Model (DOM) Level 3 Core Specification
Document の定義
廃止 DOM 2 の後継
Document Object Model (DOM) Level 3 XPath Specification
XPathEvaluator の定義
勧告 document を拡張する XPathEvaluator (en-US) インターフェイスを定義
Document Object Model (DOM) Level 2 Core Specification
Document の定義
廃止 DOM 1 の後継
Document Object Model (DOM) Level 1 Specification
Document の定義
廃止 インターフェイスの初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser