Warning: Date.prototype.toLocaleFormat is deprecated

メッセージ

Warning: Date.prototype.toLocaleFormat is deprecated; consider using Intl.DateTimeFormat instead

エラータイプ

警告。JavaScript の実行は停止しません。

何がうまくいかなかったのか?

非標準の Date.prototype.toLocaleFormat メソッドは非推奨のため、使用すべきではありません。これは C 言語の strftime() 関数が期待するものと同じフォーマットの文字列を使用します。この実装は バグ 818634 で削除される予定です

非推奨の構文

Date.prototype.toLocaleFormat メソッドは非推奨で、削除される予定です (クロスブラウザーでサポートされておらず、Firefox でのみ使用できます)。

var today = new Date(); 
var date = today.toLocaleFormat('%A, %e. %B %Y');

console.log(date);
// In German locale
// "Freitag, 10. März 2017"

ECMAScript Intl API を使用した代わりの標準構文

ECMA-402 (ECMAScript Intl API) 標準では、言語に敏感な日付と時刻の書式設定を可能にする標準的なオブジェクトとメソッドを指定しています (Chrome 24+、Firefox 29+、IE11+、Safari10+ で使用できます)。

ある日付のフォーマットを指定する場合、Date.prototype.toLocaleDateString メソッドを使用すべきです。

var today = new Date();
var options = { weekday: 'long', year: 'numeric',
                month: 'long', day: 'numeric' };
var date = today.toLocaleDateString('de-DE', options);

console.log(date);
// "Freitag, 10. März 2017"

または、Intl.DateTimeFormat オブジェクトを使用できます。これにより、ほとんど計算が完了したオブジェクトをキャッシュして、書式設定が高速になります。これは、日付のフォーマットを繰り返すときに役立ちます。

var options = { weekday: 'long', year: 'numeric', 
                month: 'long', day: 'numeric' }; 
var dateFormatter = new Intl.DateTimeFormat('de-DE', options)

var dates = [Date.UTC(2012, 11, 20, 3, 0, 0), 
             Date.UTC(2014, 04, 12, 8, 0, 0)]; 

dates.forEach(date => console.log(dateFormatter.format(date)));

// "Donnerstag, 20. Dezember 2012"
// "Montag, 12. Mai 2014"

Date メソッドを使用した代わりの標準構文

Date オブジェクトは、カスタム日付文字列を構築するいくつかのメソッドを提供しています。

(new Date()).toLocaleFormat("%Y%m%d");
// "20170310"

以下のように変換できます:

let now = new Date();
let date = now.getFullYear() * 10000 + 
          (now.getMonth() + 1) * 100 + now.getDate();

console.log(date);
// "20170310"

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,