Date.prototype.getYear()

by 2 contributors:

非推奨
This feature has been removed from the Web standards. Though some browsers may still support it, it is in the process of being dropped. Do not use it in old or new projects. Pages or Web apps using it may break at any time.

概要

地方時に基づき、指定された日時の「年」を返します。

構文

val = dateObj.getYear()
  • dateObj : Date オブジェクト

引数

無し

説明

getYear メソッドの戻り値は 2 桁または 4 桁となります。

  • 2000 年の場合、 getYear の戻り値は 100 となり、以降の年も全て 100 が足された値となってしまいます。例えば 2026 年の場合、 getYear126 を返します。
  • 1900 年から 1999 年の間の何れかの年数の場合、 getYear の戻り値は 0 から 99 となります。つまり、 1976 年の場合 getYear76 を返します。
  • 1900 年より前の年数の場合、 getYear の戻り値は 100 が引かれた値となります。 すなわち 1800 年の場合、 getYear-100 を返します。

getYear は非推奨です。代わりに getFullYear メソッドを使用して下さい。

後方互換性

JavaScript 1.2 以前

  • 1900 年から 1999 年の間の何れかの年数の場合、 getYear の戻り値は 1900 を引いた値となります。 1976 年の場合の戻り値は 76 となります。
  • 1900 年より前と、 1999 年より後の年数の場合、 getYear の戻り値は 4 桁となります。 1856 年の場合の戻り値は 1856 、 2026 年の場合の戻り値は 2026 となります。

例: 1900 年から 1999 年の間の年数の場合

var Xmas = new Date("December 25, 1995 23:15:00");
var year = Xmas.getYear(); // 95

例: 1999 年より後の年数の場合

var Xmas = new Date("December 25, 2000 23:15:00");
var year = Xmas.getYear(); // 100

例: 1900 年より前の年数の場合

var Xmas = new Date("December 25, 1800 23:15:00");
var year = Xmas.getYear(); // -100

例: 1900 年から 1999 年の間の年数の場合

var Xmas.setYear(95);      // setYear メソッドにより年数を設定
var year = Xmas.getYear(); // 95 

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: teoli, ethertank
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す