Date.prototype.getYear()

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

getYear() メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「年」を返します。getYear() は完全な桁数の値を返さないため (いわゆる 2000 年問題)、使用されなくなり、getFullYear() メソッドに置き換えられました。

構文

dateObj.getYear()

返値

地方時に基づき、与えられた日付の「年」を表す数値から1900を引いたものを返します。

解説

  • 2000 年以降の年について、getYear() が返す値は 100 以上です。例えば、2026 年の場合、getYear() は 126 を返します。
  • 1900 年から 1999 年について、getYear() が返す値は 0 から 99 の間です。例えば、1976 年の場合、getYear() は 76 を返します。
  • 1900 年以前の年について、getYear() が返す値は 0 未満です。例えば、1800 年の場合、getYear() は -100 を返します。

2000 年以前と以降に対処するため、getYear() の代わりに、完全な桁数の値を返す getFullYear() を使用するべきです。

後方互換性

JavaScript 1.2 以前の動作

getYear() メソッドは、2 桁または 4 桁の年を返します:

  • 1900 年から 1999 年の間の場合、getYear() が返す値は、year - 1900 です。例えば 1976 年の場合、戻り値は 76 です。
  • 1900 年より前または 1999 年より後の場合、getYear() が返す値は 4 桁の年です。例えば、1856 年の場合、戻り値は 1856 です。2026 年の場合、戻り値は 2026 です。

1900 年から 1999 年の間の年

2 行目の文は、変数 year に 95 を代入します。

var Xmas = new Date('December 25, 1995 23:15:00');
var year = Xmas.getYear(); // 95 を返す

1999 年より後の年

2 行目の文は、変数 year に 100 を代入します。

var Xmas = new Date('December 25, 2000 23:15:00');
var year = Xmas.getYear(); // 100 を返す

1900 年より前の年

2 行目の文は、変数 year に -100 を代入します。

var Xmas = new Date('December 25, 1800 23:15:00');
var year = Xmas.getYear(); // -100 を返す

1900 年から 1999 年の間の年の設定または取得

3 行目の文は、変数 year に 1995 年を表す 95 を代入します。

var Xmas = new Date('December 25, 2015 23:15:00');
Xmas.setYear(95);
var year = Xmas.getYear(); // 95 を返す

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.getYear の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報