Object.prototype.__defineSetter__()

この機能は非推奨となり、オブジェクト初期化子の構文または Object.defineProperty() API を使用してセッターを定義する方法で置き換えられました。

ただし、ウェブ上では広く実装および利用されているため、ブラウザーが実装をやめる可能性は極めて低いと考えられます。

__defineSetter__ メソッドは、オブジェクトのプロパティと関数を結び付け、そのプロパティを設定しようとすると呼び出されるようにします。

構文

obj.__defineSetter__(prop, fun)

引数

prop
関数と結びつけられたプロパティの名前を表す文字列です。
fun
プロパティへ値を設定しようとしたときに呼び出される関数です。この関数は以下の形式をとります。
function(val) { . . . }
val
An alias for the variable that holds the value attempted to be assigned to prop へ代入しようとする値を保持する変数のエイリアスです。

返値

説明

__defineSetter__ を使用することで、既存のオブジェクトにセッター関数を定義する事ができます。

標準外かつ非推奨の方法

var o = {};
o.__defineSetter__('value', function(val) { this.anotherValue = val; });
o.value = 5;
console.log(o.value); // undefined
console.log(o.anotherValue); // 5

標準準拠の方法

// Using the set operator
var o = { set value(val) { this.anotherValue = val; } };
o.value = 5;
console.log(o.value); // undefined
console.log(o.anotherValue); // 5

// Using Object.defineProperty
var o = {};
Object.defineProperty(o, 'value', {
  set: function(val) {
    this.anotherValue = val;
  }
});
o.value = 5;
console.log(o.value); // undefined
console.log(o.anotherValue); // 5

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報