MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/a3e7b5301fea

RegExp.$1-$9

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

非標準
This feature is non-standard and is not on a standards track. Do not use it on production sites facing the Web: it will not work for every user. There may also be large incompatibilities between implementations and the behavior may change in the future.

概要

非標準の $1, $2, $3, $4, $5, $6, $7, $8, $9 プロパティは 括弧内の部分文字列の一致が含まれている正規表現の静的な読み取り専用なプロパティです。

構文

RegExp.$1
RegExp.$2
RegExp.$3
RegExp.$4
RegExp.$5
RegExp.$6
RegExp.$7
RegExp.$8
RegExp.$9

説明

$1, ..., $9 プロパティは静的です。個々の正規表現オブジェクトのプロパティではありません。その代わりに、 常に、RegExp.$1, ..., RegExp.$9として使用しないで下さい。

これらのプロパティの値は読み取り専用で、うまく一致するといつでも変更されます。

The number of 可能な括弧内の部分文字列の数に制限はありません。しかしRegExp オブジェクトは最後の9つを保持することができます. 返される配列のインデックスを通してすべての括弧内の部分文字列にアクセスしてください。

これらのプロパティはString.replaceメソッドに対する置換文字列で使われます。この方法で使われるとき、RegExpを先頭に追加しないでください。次の例を参考にしてください。括弧が正規表現に含まれていない場合には、スクリプトは$nを文字通り解釈します(nは正の整数です)。

例: String.replace$n を使う

次のスクリプトでは、Stringインスタンスのreplace() メソッドを使い、名 姓フォーマットの名前と一致し、姓, 名フォーマットで出力します。 置換文字列において、そのスクリプトでは、正規表現パターンで対応するマッチング括弧を示す$1$2を使っています。

var re = /(\w+)\s(\w+)/;
var str = 'John Smith';
str.replace(re, '$2, $1'); // "Smith, John"
RegExp.$1; // "John"
RegExp.$2; // "Smith"

仕様

非標準。 すべての現在の仕様でサポートされておりません。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,